宮崎友禅の買取り相場はオークションではいくらなの?

宮崎友禅の着物を売るのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。

ネットオークションで売るケースを調べてみましたが、わざわざ「宮崎友禅」と銘うって出品しているものはごく少数です。
最高値を強いてあげてみると、丹後縮緬の反物が5,250円で売ることができています。
もちろんこの値段は目安に過ぎません。

宮崎友禅の着物を高く売るのなら、着物買取り店に鑑定してもらうのが安心です。

参考:宮崎友禅を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料査定をしてくれるので、買取り額に満足なら売ることを考えてみましょう、

宮崎友禅の特徴を徹底解説

宮崎友禅は江戸時代に活躍した扇絵師で、井原西鶴の「好色一代男」にも登場する人物として知られています。
好色一代男では、宮崎友禅が作った扇が京都で評判を集めており、男性達の間では友禅扇子を持っていないとお洒落とは言えないといった記載があります。
友禅染めは、こうした人気にあやかって呉服屋が小袖のデザインを考案してほしいと友禅に相談したことから始まったと言われています。

ただ、この頃幕府から「奢侈禁止令」が出されていて、例えば着物に金糸・銀糸を使って刺繍を入れることや、華やかな総鹿の子は禁止されていました。

このような時代背景がある中で、宮崎友禅は禁止令に引っかからないようにするための友禅染めを考案したのです。
友禅染めの場合、防染糊を使っているだけで華やかなな着物に仕立てられます。
そのため、奢侈禁止令を掻い潜ることができたそうです。

しかも、宮崎友禅が描いた模様は扇絵師らしく四季折々の草花や梅・竹の丸紋模様などが描かれていました。
まるで絵画のような美しい模様から多くの人から注目を集め、次第に「友禅染め」と言われるようになっていったそうです。

この宮崎友禅が描いた絵柄の影響を大きく受けているのが、京友禅です。

参考:京友禅を売る

今や一大ブランドとして成長を遂げた京友禅は、宮崎友禅の華やかで美しい模様に加えて、刺繍や金箔などをあしらい、さらに豪華絢爛にした着物になります。

また、京都から加賀へ移り住んだ時に作られた着物は、加賀五彩と呼ばれる色彩を取り入れており、虫食い葉などの自然も盛り込まれています。
この着物が加賀でも確立され、加賀友禅と称されるようになったのです。

このように、宮崎友禅は数々の地域ブランドを確立した人物だと言えます。
京友禅と加賀友禅はそれぞれ違った特徴を持っており、宮崎友禅はその地域でより親しまれていたり、人気になりそうな特徴を持たせて絵柄を考案しています。
だからこそ今もなお「友禅」という名前が受け継がれているものと考えられます。

宮崎友禅の絵柄は扇で見ると狩野派の影響を大きく見せていますが、着物に関しては特に狩野派の影響が出ているというわけではありません。
ただ、まるで絵画のような模様はこれまでの着物の歴史を大きく変えていったと言っても過言ではないでしょう。

宮崎友禅を高値で売るコツ

宮崎友禅を高値で売るためには、買い手にその価値が分かる者を選ぶことが重要です。

その点、着物買取り店なら宮崎友禅の価値が十分に分かる専門家が鑑定してくれるのでおすすめです。

参考:宮崎友禅を買取りしてくれるお店一覧

宅配鑑定や訪問査定もしてくれる点も大きな魅力です。