みさやま紬(三才山紬)の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

みさやま紬(三才山紬)の買取り相場はオークションではいくらなの?

長野県の横山俊一郎氏によって作られたみさやま紬(三才山紬)を売るのなら、まずは買取り相場をチェックしておきましょう。

ネットオークションで売るケースを調べると、中古品の最高値は反物が51,000円で買取りされています。
逆に最安値は1,000円からあります。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

みさやま紬を高く売るのならやはり専門知識が豊富な着物買取専門店に鑑定してもらうのが安心です。

参考:みさやま紬(三才山紬)を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料で査定してくれるので、買取り額に満足なら売ることを考えてみましょう。

みさやま紬(三才山紬)の特徴を徹底解説

みさやま紬とは、長野県の三才山という地域で作られている織物を指します。

参考:長野着物買取

地名が使われている織物は伝統的な産地として名前が受け継がれているケースが多いのですが、みさやま紬の発祥はそれほど昔というわけではなく、昭和時代に誕生した織物です。

横山英一という人物は、大正9年に三才山で誕生しました。
中学校を卒業後は音楽の勉強をしたいということで東京藝術大学に通っていましたが、昭和17~21年にかけて召集されてしまい、戦地に行くことになります。
無事に帰還した横山氏は、戦後草木染めに注目し、農業をしながら自生の草木を活用して染めについて研究していきます。
元々長野県は養蚕が盛んであり、多くの農家で機が織られていました。

多くの農家では自分達が使えれば良いという考えで織られていましたが、横山氏は中途半端なものを作りたくないという意思で作り上げ、染織に力を注いでいったそうです。
最初はみさやま紬を友人だけにしか販売していませんでしたが、質の高さから評判となり、問屋でも扱われるようになってゆきました。

ただ、だからと言って大量生産にはせず、一つひとつのみさやま紬を丁寧に作っているため、1年間で限られた量しか販売できません。
それ故にかなり手に入りにくい織物となっているのです。

みさやま紬は草木染めの技法を用いて染められていますが、その染料に使う草木は自宅の裏にある山から採取してきます。
雑木林の手入れも行い、来年・再来年以降ずっと染料が採れるように配慮しているのです。

染め物は季節やその日の気温・湿度によって染まる色に変化が見られます。
その変化を出させず理想的な染め物に仕上げるため、慎重に作業を行っています。

おかげでみさやま紬はとても優しい色合いとなっており、女性の内面から出る美しさが表現されていると言っても過言ではないでしょう。

みさやま紬(三才山紬)を高値で売るコツ

みさやま紬は1年間で限られた数しか作られないということもあり、希少性が高く、高く売ることができる可能性があります。
着物はいくら丁寧に保存して年を重ねると劣化してゆくものですから、高値を目指すなら、劣化する前に早く売る方が良いです。

また、高値で売るには、買い手選びも大切です。
買い手には、その価値が十分に分かる査定員のいる着物買取店を選ぶのがおすすめです。

参考:みさやま紬(三才山紬)を買取りしてくれるお店一覧

宅配査定や訪問による買取りにも対応しているので利便性の高さも魅力です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ