南風原花織の着物の中古価格は、ネットオークションでは4万円程度

沖縄の織物である南風原花織をネットオークションに出品して売ろうとした場合、大体どれくらいの価格で取引されているかご存知ですか?
相場を調べてみると、およそ4万円程度であることが分かりました。
ただし、南風原花織の中古品はなく、中古の未使用品として出品されていたため、袖を通した中古品となると価格はさらに下がってしまうことが考えられます。

価格相場は目安にすぎず、正しい価格で出品することは難しいと言えるでしょう。
そのため、高く売るにはネットオークションは向いていません。

南風原花織の着物の特徴

南風原花織は、沖縄の首里城からほど近くにある南部の都市・南風原町から生まれた織物です。
南風原町は元々織物の産地であり、南風原花織の他に、琉球絣の産地としても知られています。

元々は琉球絣が作られていましたが、明治時代以降になると花織の技術が沖縄に伝来され、改良を加えながら新しい織物として誕生したのが南風原花織でした。
1914年になると女学生達が学校で花織の技術を習得し、そこからまた新たな花織が作られていきました。

戦後になると織物の原材料を集めて織物の生産を行い、今もこの技術が受け継がれているのです。
そのため、基本的に原料のほとんどは自然素材を使っています。

例えば染料で使われているのはフクギや琉球藍、テカチなどといった植物で、ハッキリとしていて鮮やかな色合いでありながら、どこか優しさを感じられるような色をしています。

一時期戦争によって南風原花織も生産がストップされていましたが、南風原町の方が中心となり復元され、生産されるようになりました。
現代ではより色のレパートリーを増やすため、化学染料も用いられています。

南風原花織の作り方は多くの手間がかかり、糸作りから始まります。
生糸を作るところから始めていきます。

糸を精練させて整えたら、それぞれの糸に振り分けていていくのです。

次に糊付けや糸括りなどを行い、染色へと移っていきます。
あとは紋綜絖掛けを行い、機織りを行います。
これで南風原花織は完成です。

基本的な作り方は一緒ですが、織り方や模様によって様々な種類に分けることが可能です。
例えば、喜屋武花織やアヤ乃花織、タッチリー花織、ロートン花織、照屋花織、ヤシラミ花織、ハイオ花織といった多くのタイプに分けられるのです。

それぞれの模様は異なるため、好きな南風原花織の模様を探してみるのもおすすめです。
共通して言えるのは、花織という名前もあって、まるで花のように鮮やかで美しい印象を持っているということです。
柄が立体的に見えるため、華やかさもアップし、刺繍のような緻密さも伺うことができます。

現在は着物や反物の生産はもちろんですが、他にもシャツやバッグ、アクセサリーなど、様々な製品に南風原花織の生地が使われています。
現代のライフスタイルの中で使っても全く見劣りしない、鮮やかさは南風原花織ならではと言えるでしょう。

南風原花織の着物を高値で売るコツ

新品の南風原花織の着物はおよそ30万円近くすると言われていますが、中古品でもなるべく高値で売りたいと考える方も多いでしょう。

高値で売るコツとしては、証紙を用意しておくことが大切なポイントになります。
証紙があることで本物の南風原花織ということを証明することができるのです。

また、傷や汚れがないように丁寧に保管しておくようにしましょう。

南風原花織を高値で売るなら着物専門買取業者に査定の依頼をし、正しい査定額を知っておくことが重要です。