銘仙の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

銘仙の買取り相場はオークションではいくらなの?

女性の普段着・お洒落着として人気を博した銘仙。
不要になった銘仙を売る事を考えているのならまずは買取り相場を調べてみましょう。
ネットオークションで銘仙を売るケースだと、平均2,000円程度で買取りされています。
中古の最高値は銘仙を含む155点のセット出品で252,000円で売る事ができています。
銘仙はセット販売が多く、単独の高値だと、伊勢崎銘仙が61,000円です。
もちろんこれらの値段はただの目安です。

銘仙を高く売るのなら着物への深い知識を持った査定員のいる着物買取店にお願いするのが一番です。

参考:銘仙を買取りしてくれる店一覧

査定自体は無料なので査定額に満足なら売る事を検討しましょう。

銘仙の特徴を徹底解説

銘仙は平織りの絹織物で、大正時代から昭和にかけて女性の普段着として広まった着物です。
通常の絹織物は経糸と緯糸を交互に組み合わせていますが、銘仙は経糸と緯糸を故意的にずらすことで、色がぼやけ柔らかい印象に仕上がっています。
この技法は「絣(かすり)」と呼ばれており、作り方によって「締切絣」、「捺染絣」、「解し絣」などの技法があります。

もともと銘仙は養蚕農家が糸の紡績する際に出てくる糸屑などを活用し、自家用として織られていました。
天保時代は倹約令によって贅沢が禁止されていたため、質素な素材として銘仙は人気になります。

銘仙は産地がいくつかあり、それぞれ特徴があります。

・足利銘仙

足利銘仙は栃木県足利で生産されている銘仙で、解し絣の技法を使うことが多いです。複雑な模様に織られており、大量生産ができるようになったことで昭和に生産量がトップになったこともあります。
デザインは斬新かつ洗練されていて、価格もお手頃なことから全国的に人気になりました。

・伊勢崎銘仙

群馬県伊勢崎で生産されていて、「併用絣」と呼ばれる独自技法を用いて織られています。
併用絣は経糸と緯糸を同じ型紙で染めて糸をつくり、柄に合わせて織る技法です。
この技法を使うことで、色鮮やかな柄や色を多く使った複雑な柄も織ることが可能です。
伊勢崎銘仙は絣柄や大きな草花模様が得意とされています。

・桐生銘仙

群馬県桐生市で生産されており、細かく鮮明な絣柄や小柄が特徴的です。

・秩父銘仙

秩父銘仙は埼玉県秩父で生産されていて、植物の柄が多い、色は赤や、紫、茶色といった落ち着いた色合いが中心です特徴です。
解し捺染技法により緯糸に捕色を使っており、玉虫色の光沢と縞模様が特徴的です。

・八王子銘仙

東京都八王子で生産されていた銘仙で、カピタン織りと呼ばれる細かい地紋が特徴的です。
縞模様や男性の着物に用いられていました。

普段着やお洒落着として着用する着物であるため、フォーマルなシーンでは向いていませんが、観劇、コンサート、軽いパーティーなど華やかな場所には向いています。

昭和30年代からウールが普及し、40年代から銘仙はほとんどみかけることがなくなったのですが、現在はノスタルジックな風合いの柄が可愛く、レトロ好きな若者の間に人気があります。

銘仙を高値で売るコツ

銘仙は今では生産があまりなく、希少性の高さから高く売る事が可能かも知れません。

売る際には、買い手に銘仙に対する十分な知識があるか見極める事が大切です。

着物買取店なら銘仙に対する深い知識を持った査定員が鑑定してくれるので安心です。

参考:銘仙を買取りしてくれる店一覧

店は出張買取りや宅配査定にも対応しているため、その利便性の高さから人気を博してます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ