松井青々の買取り相場はオークションではいくらなの?

松井青々をネットオークションで検索してみると、2万円~20万円程度の落札相場です。

松井青々の流通量はそれほど多くないので、希少価値が高く、高値で売る事も可能です。
状態が良ければネットオークションですら20万円程度で売る事ができます。

ですが、更に高値で売る方法があります。

それは、着物買取りの専門店に売るという手段です。

オークションは素人が多いですが、着物買取りは、着物への深い知識のある査定員が松井青々の正当な価値を算出します。

着物買取り専門のお店で売るには以下を参考にしてください。

参考:松井青々の着物を買取りしてくれる専門店一覧

松井青々ってどんな着物?

松井青々は、松の井の水をテーマにしています。

松の緑がいつまでも青々しくあるように、イキイキとしているように、着物の作風もそうであるように願って、松井青々というネーミングがつけられています。
昭和38年頃から松井青々という名前が使われており、個人商店から法人化したあとも、自社製品のブランドとして輝いています。

松井青々は、いつのまにか高い評判を得ました。とくに戦略があったわけではなく、自然とブランドになっていったのです。

松井青々は、京友禅の第一人者として、その名を世間に知らしめています。

タタキゾメの地色に松竹梅、菊などの柄をほどこし、金彩をちりばめた豪華で美しい品で、とても優美です。
作品そのものがとても優れていることから、青々調、といった模倣品が生まれるほど、模範的な品でもあったのです。

松井青々は、初代は新太郎、二代目は祥太郎といいます。現在は3代目で、三代目松井青々です。
本名は淳太郎といいます。

京都市芸術大学で日本画を専攻し、上村淳之先生に学びました。卒業後は二代目の元で京友禅を学び、二代目が傘寿を迎えるにあたって、三代目の松井青々を継承しています。

非常に伝統ある京友禅で、明治・大正の時代から受け継がれています。

松井青々を高く買ってもらうコツは?

松井青々の着物は、希少価値が高く、買取り店にお願いすれば高く売る事も可能になります。

ですが、ゴミやホコリなどは厳禁です。

なるべくゴミはとって、ホコリなどをはらって、買取りに出すと高額で売る事も夢ではありません。

やぶれていたりほつれがあったり、タバコのヤニなどには要注意です。
状態が悪いものであれば、自然と査定額は下がります。

保存状態が良ければ、プラス査定となるでしょう。
丁寧に扱われた松井青々の着物は、高い価格で買取りしてもらえます。

松井青々の着物は、青々調、と呼ばれる模造品も非常に多いものです。
インクジェットでプリントしたような着物を売る場合は注意が必要です。

ネットオークションは、個人で楽しむ場合や、業者が仕入れで使う場合などがありますので、買取り値が安くなりがちです。
ですが、着物買取の専門店でしたら、その後に催事に流しますので、高値買取りが期待できます。

着物買取会社はいくつか存在しますので、松井青々の価値がわかって得意としている所に売りましょう。

参考:松井青々の着物を買取りしてくれる専門店一覧

複数の業者に見積もり査定を出して、最も高値の所に売るのもおすすめです。