丸帯の買取り相場はオークションではいくらなの?

日本の女帯の一種として使用されている丸帯は、新しく袋帯が考案されてから普及率がかなり減ってきてしまいました。

丸帯を売ることを検討しているのなら、まずは相場を知っておくことが重要です。
ネットオークションで売る場合、平均1万円程度で買取りされています。
中古の最高値は明綴れの丸帯で229,000円、最安値は1円とまさにピンからキリまでです。
もちろんこの値段は目安にすぎません。

丸帯を高値で売るのなら専門の鑑定士のいる着物買取り専門店に査定依頼してもらうのがおすすめです。

参考:丸帯を買取りしてくれる専門店一覧

丸帯の本当の価値は着物全般への深い知識がないと分かりません。

丸帯の特徴を徹底解説

丸帯が誕生したのは、江戸時代の中期です。
戦前までは第一婚礼用の帯、最も格式の高い帯として用いられていました。

大きくなった髪型に合うように、正装用の帯幅や帯結びが大きくなったことから丸帯が考案され、幅1尺8寸5分、長さ1寸1尺5寸以上の布地を2つに折って端を縫い、帯芯を帆布に入れて半分の幅に仕立てられています。
同じ布地を縫い合わせているので表と裏の柄は同じ様になり、錦織や緞子、金襴などが使われた帯もあります。
丸帯は重くて扱いにくいといった利便性の悪さから、袋帯が考案され使用する人が激減してしまいました。
また、戦後の時代の流れと共に女性の軽装化が目立ち、結びやすい帯または自分で結べる袋帯が主流になりました。

現在は、芸者や舞妓などの花柳界や、婚礼衣装くらいでしか丸帯をする機会もなく、呉服屋でもほとんど見ることはないでしょう。

このようにほとんど見かけることがなくなった丸帯ですが、独自の艶やかさや技術の高さは模様によって象徴されています。

・有職模様

平安時代の公家の衣で用いられていた模様です。
優美で洗練された様式で着物にも用いられる模様ですが、季節感がないので1年中使用できます。
水蒸気が立ちあがる様子、立湧、正六角形の幾何学模様、亀甲文、二羽の蝶を向かい合わせた向蝶文などが代表的な模様です。

・吉祥模様

「おめでたい」「よいきざし」を意味する吉祥模様は、鳳凰、鶴、亀、松竹梅、瑞雲、宝船、四君子、宝尽しなど縁起の良い模様が織り出されています。

丸帯は表裏ともにこのような絢爛豪華な模様が織りこまれているため、帯が重たくなってしまう特徴があります。
しかし、現代ではこういった丸帯もアンティーク帯としてリサイクルショップなどで見かけることが増えてきました。
江戸時代に大流行していた「だらり結び」や自由にアレンジした帯結びによって、風格ある帯として丸帯を購入する方もいます。

有職模様や吉祥模様など伝統的な古典文様で織り出されている丸帯を持っている方は、着物買取り専門店に売る事をおすすめします。

丸帯を高値で売るコツ

丸帯をできるだけ高く売るためのコツは、まず丸帯に汚れやシミなどがないか確認してください。
帯は、食事をする際に汚れやシミなどが最もつきやすくなる部分です。
また、丸帯が傷まないように保管方法や定期的なメンテナンスも行ってください。

一口に丸帯といってもその価値には幅がありますので、帯への深い知識を持った着物買取り専門店で無料査定してもらいましょう。

参考:丸帯を買取りしてくれる専門店一覧

こういった専門店は出張での査定や宅配での買取りにも対応しているので非常に重宝します。