京友禅の中古はどれくらいで売れる?

京友禅の中古価格は、ネットオークションでは数千円~3万円程度

京友禅の着物を売りたい方は、まず中古価格がどれくらいなのかを知っておきましょう。
相場が分かると買取査定をしてもらう際に相場と比較することが可能です。

京友禅の中古価格をネットオークションで調べてみると、数千円~3万円程度のものが多くみられました。
中には20万円以上する着物も出品されていましたが、そういったものは新品・新古品といったものが多く、ほとんどの中古品は数千円~3万円程度が相場となっています。

これらの価格はあくまで目安となるので実際の買取ではどうなるか分かりませんが、高値で売ることを考えるとネットオークションでは難しいと言えるでしょう。

京友禅とはどんな着物?

色合いが華やかで雅な印象のものが多い京友禅は、その名の通り京都を中心に作られている織物です。
まるで絵画のような鮮やかな色を表現することができ、昔から伝わる着物などの和装はもちろん、現代でも使いやすい服や小物にも取り入られることがあります。

元禄時代より、京都に住んでいた宮崎友禅斎が作り出した技法であり、その名を取って友禅織と言われるようになりました。
最初の友禅は京都から始まり、その後全国へ広まってからは加賀友禅や東京友禅などの三大友禅が作られていったのです。

特徴的な染色では、隣り合う模様に色が映らないよう、糊を引いてから色を置いていくという作業になります。
染色も全て手描きによる製作が必要となるため、一つの着物を作るのに大変時間がかかっていました。

しかし、現在では型紙を使い染色していく型友禅というものができたため、染色が簡略化されたことで生産性が上がり、より全国に広まりやすくなっていったのです。
また、柄や色の特徴としては、モチーフに草花等の植物を使用されるケースが多く、朱系や黄色などを使った鮮やかな色使いが特徴的です。
仕上げに金銀箔を使ったり刺繍を施したりすることで鮮やかさがさらにアップします。

同じ友禅でも石川県の加賀友禅には金銀箔や刺繍を施すことはありません。
京友禅ならではの華やかさと言えます。

京友禅は手描きと型の2種類に大きく分類することができますが、手描きの中でも本友禅と堰出し友禅、無線友禅、型の中でも型紙友禅と摺り込み友禅に分けられ、それぞれ違った製造工程となります。

本友禅を製作する際は、まず下絵の作業から入ります。
下絵作家が模様を作ってスケッチし、着物の寸法に合わせて作っていきます。
次に着物に下絵を施したら色が滲まないように糊を置いていきます。
糊を入れたら色を挿していき、染料を乾燥させると着色作業も完了です。

伏せ糊置きという色を挿した部分に糊・ろうなどを乗せて防染し、生地を蒸してから水洗い、さらに仕上げとして刺繍や金銀箔を施せば京友禅が完成します。

ちなみに京友禅の着物で使用される素材は全て絹であり、京友禅ならではの色の風合いと鮮やかさを出しつつ、絹の肌触りの良さを楽しめる着物となっています。

京友禅を高値で売るコツ

京友禅を高く売るためには、汚れや傷がないことの他に、証紙が必要となります。
証紙があることで本物の京友禅であることを証明することができます。
そのため、より高く買い取ってくれる可能性が高くなるのです。

もし、京友禅を高く売りたい方は、ネットオークションではなく着物専門買取業者に依頼することをおすすめします。
着物専門買取業者はその実績から正しい査定額を導き出してくれます。

しかも、買取査定を無料で実施してくれるところもあるので、まずは買取の相談をしてみてはいかがでしょうか?
きっと満足の行く京友禅の買取ができることでしょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ