京屋林蔵の着物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

京屋林蔵の買取り相場はオークションではいくらなの?

老舗呉服店の京屋林蔵が販売している着物が家に眠っている方も多いのではないでしょうか。
京屋林蔵を売るのならまずは買取り相場をおさえておきましょう。

京屋林蔵をネットオークションで売るケースだと、平均14万程度で買取りされています。
中古の最高値は未使用品が751,000円で売る事ができています。
最安値はスカーフが2,100円からあり、こういった雑貨が平均額を下げているようです。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎません。

京屋林蔵の着物を高値で売るのなら、その価値が分かる査定員のいる着物買取店が安心です。

参考:京屋林蔵の着物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は無料で査定してくれるので、査定額が出てから売る事を検討すると良いでしょう。

京屋林蔵の特徴を徹底解説

京屋林蔵は京都の染め物職人であった初代林蔵が、1598年(慶長3年)に創業した老舗呉服屋で、屋号は「京林」となっています。
一点制作の着物は1枚あたりの着物が完成するまで1年あまりの時間が必要であり、丹念に織られた着物は繊細でいて大胆な文様と、優しい色使いに評判があり、着物愛好家からも人気が高いです。

屋林蔵では製造から販売まで一貫した直接販売にこだわっており、フルオーダーメイドでの提供にも対応しています。

そんな京屋林蔵が力を入れているのは「辻が花」です。
辻が花は室町時代後期から江戸時代初期に流行した染技法で、京屋林蔵は幻の技法とも言われる辻が花を絶やさす、現在も復興に尽力しています。
代表作も辻が花で、振袖や訪問着でコレクションを展開しています。

長年呉服店として上質な着物を手掛ける京屋林蔵ですが、生地や染めに対して強いこだわりを持っています。
染色技術がどれだけ優秀でも、生地の質が悪ければ美しい染色にならず、また上質な生糸を使わないと肌触りの優しい生地にならないと考えているようです。
しっかり染付を行い、なおかつ着心地も考えて京屋林蔵は最高品質の絹・紬の生地に強くこだわっています。

辻が花では最高級紬の結城紬を使用しており、辻が花での使用は全国でも京屋林蔵だけのようです。
白結城に墨絵などで辻が花を書いて絞り、草木染料を中心に筆で丹念に染めています。

また、京屋林蔵の着物は1点ずつ手描きでの京友禅で手掛けている点も特徴でしょう。
友禅染は江戸時代から続く伝統的な文様染技法で、文様の輪郭に糊を起き、隣同士の色がにじまないように染め上げることで多彩な色彩を使って絵画のような文様に染めることができる技法です。

京友禅は手描きと型友禅の2種類がありますが、京屋林蔵は手描きにとことんこだわっており、文様の下描きからはじまり、色彩まで各工程を専門の職人が手掛け、華やかで温かみのある美しい着物が仕上げています。

京屋林蔵のコレクションは辻が花だけではなく、手描き京友禅による振袖、留袖、色無地、訪問着でコレクションを展開しています。
今までの経験を活かし、古典文様から現代文様と今の時代に合わせてバラエティー豊かなコレクションを世に送り続けていくことでしょう。

京屋林蔵を高値で売るコツ

京屋林蔵は生地から染めまで強くこだわっており、生地には上質な絹・紬を使用しているので、一点ずつ時間をかけて仕上げている逸品であることから、高値がつく傾向にあります。
代表作の辻が花は華やかな見た目なので人気も高く、高額買取りを狙いやすく、格式が高い着物ほど高く売る事が可能でしょう。

京屋林蔵を売るのなら、着物への深い知識を持った鑑定士のいる着物買取店がおすすめです。

参考:京屋林蔵の着物を買取りしてくれる店一覧

店なら出張での買取りや宅配での査定にも対応してます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ