京鹿の子絞の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

京鹿の子絞の買取り相場はオークションではいくらなの?

京鹿の子絞を売る事を検討しているなら、まずは買い取り相場のチェックがおすすめです。
ネットオークションで京鹿の子絞を売る場合の相場を調べてみると、6,900円程度でした。
中古の最高値は未使用の名古屋帯55,557円で売る事ができています。
最安値は1,000円からあるので価格の幅が非常に広いです。
この値段は目安に過ぎないのでご留意ください。

京鹿の子絞を高く売るのなら、その価値が分かる鑑定士のいる着物買取店に見てもらうのがおすすめです。
こういった店は無料で鑑定してくれるので手軽に利用できます。

参考:京鹿の子絞を買取りしてくれる店一覧

店ではないところで売るのなら、必ず京鹿の子絞の価値が分かる者がいるのかチェックしましょう。
価値が分からない人に売るのは安く買い叩かれてしまう可能性があります。

京鹿の子絞の特徴を徹底解説

京鹿の子絞は、数千年の歴史ある京都で長きに渡り伝わっている絞り染めのことを言います。
絞り染めは、飛鳥時代にはすでに始まっていたと言われていますが、衣装の紋様表現として室町時代から江戸時代の初期に辻が花染として盛んに行われ、江戸時代中期に入ると鹿の子絞の全盛期が来たとされています。

しかし、度重なる奢侈禁止令によって贅沢品として歴史から消えかけた時期もありました。
ただ、現在でも変わらず同じ技法によって受け継がれていて、当時と同様に高級品として価値のある品物となっています。

京鹿の子絞は布を糸で括って染め上げる技法で、この括られた部分が白く残って模様となり、染め上がった模様が鹿の子を連想できたため、このような名前が付きました。
京鹿の子絞の技法には50もの種類がありますが、その中でも伝統的な技法として疋田絞(ひったしぼり)や一目絞(ひとめしぼり)があります。
他にもそれぞれの技法によって、京鹿の子絞には特徴があり、手技の積み重ねによって、特色の異なった京鹿の子絞が楽しめるのです。

・疋田絞

京鹿の子絞の中でも高度な絞りであり、絞るための道具などは一切使うことなく、指先だけで丁寧に絞りあげていく技法です。
細く細かい絹糸を8回以上巻いていき、この巻きが多くなるほど白い部分も多くなっていき、これが多いと高級品として扱われることもあります。

・一目絞

布の一部分を一粒ずつ糸で括りながら模様を巻き絞りで表す技法で、疋田絞では絞った部分が面で表されていましたが、この一目絞は鹿の子絞りで線を表す時に使用されます。
そのため、面は疋田絞、線は一目絞といった風に技法によって表現方法が異なっているのです。

線も一本線ではなく、小さく丸い絞りを並べるように作って線を表現していき、絞った形状は人の目にも似ているため、漢字を変えて「人目絞り」と呼ばれることもあります。

・突き出し鹿の子

糸で縛ってできた生地の凸凹や、小鹿の斑点部分に似ていることから突き出し鹿の子と呼ばれている技法です。
京鹿の子絞では道具を使うことがありませんが、この突き出し鹿の子は鹿の子台を使用します。

京鹿の子絞を高値で売るコツ

現在も高級品として価値の高い京鹿の子絞を高値で売る場合、汚れやシミ、虫食いによる穴などが無い事が重要になります。
また、買い手も慎重に選ぶ必要があります。
買い手が京鹿の子絞の価値が分からなければ、まさに猫に小判です。
やはり高く売るのなら、着物買取店が安心です。

参考:京鹿の子絞を買取りしてくれる店一覧

訪問買取りや宅配による査定にも対応しているので大変重宝します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ