栗山吉三郎の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

栗山吉三郎の着物を売る事を検討しているなら、まずは買取り相場を抑えておきましょう。
ネットオークションで売るケースを調べてみると、平均35,000円程度で買取りされています。
中古の最高値は栗山吉三郎の振袖で111,000円で売る事ができています。一回しか使用していない美品です。

栗山吉三郎着物は人気で、1ヶ月の間に52件もの落札があったこともあります。競い合いなので、入札している人の数はさらに多いでしょう。さまざまな人が、欲しがっている着物です。

ネットオークションでの値段は目安に過ぎません。
栗山吉三郎の着物を高値で売るのなら、その真価が分かる着物買取り専門店に無料査定してもらいましょう。

参考:栗山吉三郎の着物を買取りしてくれる専門店一覧

査定自体は無料なので、提示額に満足なら売る事を検討してみたらいかがでしょう。
不満なら売らなければ良いだけです。

栗山吉三郎の着物とはどんな着物?

栗山吉三郎の着物は、京紅型(きょうびんがた)の染め物です。びんがたというと、沖縄の染め物ですが、実は東京においても、江戸紅型という武士がよく着ていた深い色合いのものがあるのです。

京紅型は、京都生まれの、沖縄と東京の間ぐらいの、華やかで優美な色合いが特徴です。

栗山吉三郎の作品はその京紅型を採用しているため人気があるのです。

京紅型は和型紅型とも呼ばれます。
紅型と京友禅を融合させたのが、栗山氏です。
「栗山の紅型」という呼称もあり、それぐらいオリジナリティあふれる染め物として多くの人に人気なのです。

もともと、沖縄の紅型は琉球王朝における着物でした。顔料を使って染めていたので、帯をしめて着ると顔料がはがれおちるということが起こっていました。

そのため、栗山吉三郎氏は改良に改良を重ねて、新しい手法を編み出したのです。
伝統を引き継ぎつつも改良がなされているので、顔料をつかってもはがれません。

栗山吉三郎の工房では、すべての工程が手作業で行われています。唯一、例外的に、染色後の蒸しの作業だけは別の箇所で行われています。
染や糊落としなどの工程も、工房において手作業で実施しています。

紅型の鮮やかさと、京の美意識が見事に調和し、縫い目において模様が切れない繊細な作り、京友禅の染め物を活かしており色合いが丈夫で、独自の柔らかみがあります。

伝統の中にも、いまふうのスタイルを取り入れ、美を発展させ続けています。ダイナミックさや新しさも踏まえて、素晴らしい着物に進化させ続けています。
栗山吉三郎の工房では若い職人の育成も行っており、技術を受け継いでいます。

若い人の感性を頼りに、伝統の中にも新しさを取り込んだこちらの着物は、非常に人気が高く、美しい着物です。

工程はどれも地道なものですが、しっかりと手作業で踏まえられています。

栗山吉三郎の着物を高く売るコツ

栗山吉三郎の着物を高く売るのなら、その価値が分かる人に売る必要があります。

着物の世界で有名であっても、その価値が分からない人にとっては全くの猫に小判なのが現状です。
その点、着物買取りの専門店なら、栗山吉三郎はもちろんの事、着物への深い知識を持ったプロの目利きがその価値を見極めてくれます。

着物の真価を知るには、深い知識が必要なので、専門店に見てもらう事をおすすめします。

参考:栗山吉三郎の着物を買取りしてくれる専門店一覧

着物買取り専門店なら、催事で売る場合が多いので、価値をわかった上で次の人が買ってくれます。