栗山工房の着物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

栗山工房の買取り相場はオークションではいくらなの?

京都の栗山工房では、いくつもの美しい着物や帯、和装小物などを製作しています。
そんな栗山工房の作品を処分するのなら、売る事を検討しみましょう。

ネットオークションで栗山工房の作品を売る際の平均価格を見てみると3,300円程度です。
中古の最高値は型友禅の振袖を139,000円で売る事ができています。
逆に、最安値は新品のコースターが1,000円で出ていますので、雑貨類が平均額を下げています。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎません。

栗山工房の着物を高く売るのならその価値が十分に分かる査定員のいる着物買取店に見てもらいましょう。

参考:栗山工房の着物を買取りしてくれる店一覧

こういった店は無料で査定してくれるので申し分の無い提示額なら売る事を検討しましょう。

栗山工房の特徴を徹底解説

栗山工房は1952年に設立された和染紅型工房です。
工房を設立した初代の栗山吉三郎は元々沖縄で行われていた型染めの「紅型」を、京友禅と組み合わせることで新しい形となる「和染紅型」を完成させました。

この形は栗山工房独自の作品であり、他のところではなかなか手に入りません。

栗山工房が製作している和染紅型の特徴として、紅型の良さと京友禅の良さがうまく融合しているという点が挙げられます。

例えば、紅型染めというとハッキリとした色合いで、鮮やかな美しさが魅力的な染め方と言えます。
その紅型染めの鮮やかさを持ちつつ、京友禅ならではの絵羽模様によって縫い目が途切れることなく綺麗な模様が描かれています。

京の厳かで優美な雰囲気と紅型の大胆な色使いが不思議とマッチしているのです。
さらに、染料は京友禅で使われている耐久性の高いものを使っているため、何年も色褪せることなく着ることができます。

栗山工房の場合、創業以来現在に至るまで全ての工程を手作業ですすめています。

これは、栗山工房が機械では生まれることのない味わい深さや温かみなどを表現するためだと言われています。
この信念は創業当時から変わらず残っているものなのです。

さらに、基本的に京友禅は分業化されることが多いのですが、工房の中でほとんどの作業を一貫して行っているため、栗山工房であっても作家一人ひとりの個性が出せる作品製作につながっています。

伝統ももちろん重要だと考えていますが、新しいもの・感覚を取り入れることも大切だと考えており、より和染紅型の美しさを進化させようとしているのです。
そのため、若い職人の育成にも力を入れており、その時代に合った感覚が作品の中にも入り込むようにしています。

栗山工房で現在取り扱っているのは、振り袖や訪問着、小紋、帯、そして和装小物となります。
色鮮やかで大胆な配色に目を奪われてしまいがちですが、緻密で繊細な模様は京友禅ならではと言えるのではないでしょうか?

参考:京友禅買取り

また、和装小物の中には着物だけではなく洋服と組み合わせても問題なく使えるようなものも多いので、使い勝手が良く毎日でも使いたくなるような作品となっています。

栗山工房の着物を高値で売るコツ

栗山工房の着物・帯などを中古でも高値で売るためには、付属品も合わせて売ると良いでしょう。
また、年に1度でも良いので着物の虫干しなどをしてあげると良い状態を少しでも長く持たせることができます。

いざ売る際には、着物に対する知識豊富な着物買取店に査定依頼を出すのがおすすめです。

参考:栗山工房の着物を買取りしてくれる店一覧

店は宅配での買取りや訪問査定にも対応しているので非常に便利です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ