窪田織物の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

窪田織物の着物を売る事を検討しているなら、まずは買取り相場をしっかり抑えておきましょう。
ネットオークションで窪田織物の着物を売る場合を調べると平均25000円程度でした。
最高値での買取り額は、純泥染で12マルキの大島紬が178,000円で落札されています。
もちろんこの数字は目安に過ぎません。

ネットオークションは素人が参加する為、安定した高値で売るのは難しいかも知れません。
おすすめなのは着物の価値が分かる専門の査定員のいる着物買取り専門店です。

参考:窪田織物の着物を買取りしてくれる専門店一覧

無料査定を行っている所がほとんどなので、とりあえず鑑定してもらうと良いでしょう。
提示額に満足したら売る事を考えれば良いだけです。

 

窪田織物の着物の特徴

鹿児島県鹿児島市にある窪田織物は、1978年に創業された製造卸売業者です。
窪田織物では鹿児島の伝統工芸品である大島紬を製造し、県内5店舗で着物や大島紬で作られた小物が販売されています。

大島紬買取りを参照

社内にデザイン部が設けられており、大島紬の伝統を守りつつ、どんなニーズにも対応した新商品作りに力を入れているようです。

また、窪田織物は製造法で特許を取得しています。

大島紬には算(よみ)とマルキという単位があり、窪田織物の製造法では「24算15マルキ」と表現されているそうです。
算とは経糸の密度の単位で、マルキは絣糸の本数を示します。
1マルキあたり絣糸が80本で、マルキの数が多いほど柄が細かくなるのです。
細かい柄になると熟練の技術が必要となりますが、完成品は軽くて肌触りは良く品質の良い紬が出来上がります。
窪田織物では経糸が増えることで織るのが難しくなる緯糸を入れやすくして織る製造技術を生み出しました。
様々な糸を特注して試行錯誤を繰り返し、価値が計りきれないという意味で無価大島紬と名付けたのです。
また、2011年には32算18マルキの製品も開発されました。

さらに、窪田織物の魅力は染めバリエーションが豊かなところです。

定番の泥染めから自然染料から染色する草木染め、落ち着いた色味が特徴的な屋久杉染め、鹿児島の紫イモを使った紫イモ染め、アロマでも使われる月桃を使ったさねん染め、藍染をアレンジした白正藍があります。

カラーバリエーションが豊かなのでシンプルな着物から、まるで絵画のように多彩な色で染められた美しい着物など様々な商品を製造しているのです。

窪田織物では伝統柄などを守りつつ、多様でおしゃれな柄を考案して製造しており、ハイセンスなデザインと着心地の良さから多くの着物愛好家に支持されているようです。

窪田織物の着物を高値で売るコツ

窪田織物の着物は伝統工芸品である大島紬なので、証紙が張られています。
この証紙は伝統工芸品であることや品質を証明するものなので、売る際の値段も大きく影響してきます。

高額買取りを望む場合は、窪田織物の価値が分かる鑑定員のいる着物専門買取り業者を活用してみましょう。
着物の専門家が査定を行うので、窪田織物の正しい価値に応じて売る事が可能です。

参考:窪田織物の着物を買取りしてくれる専門店一覧

古着物やシミ・シワがある着物は売る事ができないというイメージがありますが、こういった専門店の多くがこういった着物に対応してくれます。