甲田綏郎の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

甲田綏郎の買取り相場はオークションではいくらなの?

有名な染色家である甲田綏郎の着物や帯を売る事を考えているのなら、まずは買取り相場のチェックしてみましょう。
ネットオークションで甲田綏郎の着物を売るケースだと、平均13,500円で買取りされています。
中古の最高値は甲田綏郎作の反物を228,000円で売る事ができています。
逆に最安値は小物類が1,000円程度で出品されており、これらが平均価格を下げています。
もちろんここに挙げた値段は目安に過ぎません。

甲田綏郎を着物を高く売るのならその価値を理解できる査定員のいる着物買取店に見てもらうのがおすすめです。

参考:甲田綏郎の着物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は無料で査定してくれるので、買値に満足なら売る事を考えてみましょう。

甲田綏郎の特徴を徹底解説

昭和4年に宮城県仙台市で生まれた甲田綏郎は、父・甲田榮佑に早くから師事し、伝統ある精好仙台平の製造技法を学びました。
昭和51年には「精好仙台平」の技術保持者として宮城県指定無形文化財の認定を受け、優れた仙台平を製織することに専念してきました。

参考:精好仙台平買取り

綏郎は父の厳しい指導のもと技術向上に励み、父が亡くなったことを家業である合資会社本場仙台平工場を継承します。
さらに平成に入ってからは、親子2代に渡り重要無形文化財の技術保持者として認定され今現在も仙台平の製作を続けています。

そんな甲田綏郎が手掛ける精好仙台平の生産地は、その名の通り宮城県仙台の絹織物です。
江戸時代中期に仙台藩は京都から織師を招き製織させた精好織が起源となっていて、縞模様で男性用の高級袴地とされているのが特徴です。

参考:宮城の着物買取

経糸は撚りをかけずに練り糸2本を一つに合わせたものを使用します。
緯糸には生地の縮まりを程よくするために、濡緯と呼ばれる生糸で強く打込み織り上げていきます。
とても堅くて丈夫な生地で「縦に柔らかく横は堅牢である」と言われていて、長時間座っていてもしわになりにくく、独自の光沢感があるのも精好仙台平ならではの魅力とも言えるでしょう

精好仙台平を製織する甲田綏郎は、独自の趣向と高い技術力によって多くの人たちから評価されてきました。
甲田綏郎がどれだけ支持される人物であるか認識するために、これまでの受賞歴を見ていきましょう。

  • 昭和51年3月29日 宮城県指定無形文化財技術保持者認定
  • 昭和60年9月3日 宮城県伝統的工芸品に指定
  • 平成元年11月3日 宮城県教育功績者褒章受賞
  • 平成5年9月8日 第29回「日本キワニス文化賞」受賞
  • 平成13年7月2日 仙台市市制施行112周年記念 市制功労者褒章受賞
  • 平成13年10月17日 第21回「伝統文化ポーラ賞」受賞
  • 平成14年3月1日 伝統的工芸品産業功労者褒章受賞
  • 平成14年7月7日 重要無形文化財技術保持者認定
  • 平成16年4月29日 旭日小緩章受章

甲田綏郎の主な代表作品は、蓬菜山・豊穣・瑞光・雲渓・嘉祥・鳳舞などです。

甲田綏郎を高値で売るコツ

甲田綏郎の仙台平は袴の中で最も格が高い織物とされています。
高度な技術で製作され重要無形文化財に指定されている着物は、高値で売る事が期待できるでしょう。

高値で売るのなら十分に知識のある買い手を選びましょう。
着物買取店なら甲田綏郎の仙台平の価値が十分に分かるので安心です。

参考:甲田綏郎の着物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は宅配査定や訪問買取りにも対応しているので忙しい方にも人気です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ