小森久の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

草木染めの染匠として知られる小森久の着物を売るなら、まずは買取り相場を抑えておく事が大切です。

ネットオークションでの小森久着物の買取り価格を調べてみると、平均25,600円程度でした。
最高値はは20万円の値段で売る事ができています。
もちろんこの数字は目安に過ぎません。

小森久の着物を高値で売るのなら、小森久に対する深い知識を持った査定員に見てもらうのが一番です。
着物買取り専門店なら、着物に精通した鑑定員が本当の価値を見極めてくれるのでおすすめです。

参考:小森久を買取りしてくれる着物買取り専門店一覧

査定自体は無料の所がほとんどなので、売るか売らないかは査定額が出てから決めると良いでしょう。

 

小森久の着物の特徴

小森久の織物は帯を中心とした作品作りをされており、草木染めによって優しい印象の帯が多く作られています。

そもそも草木染めは再び同じ色を出すことがかなり難しく、一つとして同じ作品はないと言われています。
そのため、一点一点の価値はとても高くなっているのです。

特に、小森久は無形文化財にも指定されている人の作品となるので、価値はより高いものとなっています。

小森久は作品づくりに関して、自然のものを使うことは人間の体にとってもいいことという考えから、素材に関しても人間にとって優しい素材ばかりを使っているため、敏感肌という方も安心して使えるような肌触りの良い織物が多くみられます。

使う人の気持ちにも寄り添った優しい織物は、その雰囲気が織物からも醸し出されているようです。

草木染めは一つ一つが人の手を介して作らなくてはいけないため、手間がかかってしまいます。
また、染料となる植物などが季節によって採取できない場合もあるため、大量生産することができません。

しかし、化学的な材料を使うよりも自然なものを使っているからこその風合いが出せるというのも事実です。

草木染めというと優しい印象からあまりかなり薄い色を想像させてしまいますが、実際には濃い色を出すことも可能で、そういった色の濃淡に関しても一つ一つの染色から出せるものとなっています。

そんな草木染めの伝統を守りながら、手間を惜しまず一つ一つの作品を丁寧に作り上げている小森久の作品は、多くの人に愛されるものとなっているのです。

小森久は、今まで草木染めで経験を積み重ね、技術力の高さはもちろん、草木染めが認められるように独創性を高めて注目されるような作品を作ってきました。

それが認められ、昭和50年に甘木市の無形文化財に指定され、斧語も博多織求評会や織物の品評会などで多くの賞を受賞してきました。
草木染め研究に関しても、評価の高さが伺えます。

小森久の帯には半幅帯から袋帯、名古屋帯など、幅広いタイプの帯を作られています。

また、女性の帯だけではなく男性のオシャレな帯も販売されているようです。
もし、気に入っているタイプの帯に小森久のものがないかチェックしてみてはいかがでしょうか?

小森久の着物を高値で売るコツ

小森久の着物を高値で売るコツは、証紙をつけて査定に出す事です。
証紙には博多織工業組合のものと、正絹を使っていることを証明しているものがあります。

他には、当たり前の話ですが、汚れや傷があまり付いていない状態の方が高値で売ることが可能です。

小森久の本当の価値が分かる着物買取り専門店に一度鑑定してもらうと良いでしょう。

参考:小森久を買取りしてくれる着物買取り専門店一覧

こういった専門店は、訪問買取りや宅配買取りに対応している所も多いので気軽に利用する事ができます。