小紋の買取り相場はオークションではいくらなの?

着ることがなくなった小紋を売る際には、その買取り相場をチェックしておく事が必須です。

小紋のネットオークションにおいての買取り相場は平均2800円程度と高いとは言い難いです。
中古の最高値は銀座こうげいの丸に蝶小紋で298,000円で売る事ができてます。
一方、最安値は1円と価格の幅が非常に広いです。
もちろんこの値段は目安に過ぎません。

小紋を高値で売るのなら、やはりその本当の価値の分かる専門家に見てもらうのが一番です。
着物買い取り専門店は着物の専門家が無料で鑑定してくれるのでおすすめです。

参考:小紋を買取りしてくれる専門店一覧

小紋に対する深い知識を持った鑑定員にその真価を見てもらいましょう。

小紋の特徴を徹底解説

小紋は着物の中でも気軽に着られるとして人気となっていますが、振袖や訪問着とは違って上下関係なく「型染め」という技法を用いて着物全体に模様が描かれています。

小紋にはいくつかの種類があるので、それぞれの特徴をご紹介していきましょう。

・江戸小紋

細かい柄の型染めがされているので、色無地に近い着物となっています。
基本的には単色で作られており、コーディネートによってはフォーマルに着ることも可能です。

江戸小紋にはいくつかの文様が存在します。
鮫は、点が並び半円が重なるような柄となっており、見た目が鮫の皮に似ていることから名付けられました。
行儀は、点が斜め45度に規則正しく並んでいる柄でお辞儀の角度が名前の由来だと言われています。
そのほかにも、霰や通し、縞などの様々な文様があります。

・加賀小紋

石川県金沢市で作られている小紋で大きく分けると2種類あります。
1つ目は加賀伝統小紋で江戸小紋と同じような文様をしています。
江戸小紋との違いと言えば色合いで藍色、古代紫、草色、黄土色、臙脂色の加賀五彩と呼ばれている5色を使用し染められているのです。
2つ目は板場友禅と言われており、7mほどの一枚板を使用して加賀五彩を中心に染められています。

・京小紋

京都で作られている小紋で非常に深い歴史があり絵画的な細かい文様が特徴です。
江戸小紋と比べると柄が大きく、見た目も華やかなものとなっています。
そのため、1枚持っていると活躍出来る着物で普段着として着用するだけではなく友人や知人との集まりの際に着ることにもおすすめの着物となっています。

上記のほかにも、紅型小紋や更紗小紋、絞り小紋など、豊富な種類があり、中には季節の花をあしらった小紋もあるので、着る季節に合った装いができるとして着物好きを魅了しています。

また、帯や草履などの小物のコーディネートによってアレンジしやすいことが特徴で食事会や観劇など、様々なシーンで活用できるとして人気の高い着物となっています。
そのため、振袖や留袖のように格の高い着物と比較すると買取り金額が低くなってしまうことも考えられます。

高価買取りを目指すのであれば、有名作家が手掛けている小紋や状態の良い江戸小紋や京小紋、加賀小紋などは高価が期待できるでしょう。

小紋を高値で売るコツ

近年はネットオークションやリサイクルショップなど、様々なお店で小紋を売る事ができますが、一番のおすすめはやはり着物への深い知識を持っている買取り専門店です。
小紋への深い知識を持った査定員が無料で丁寧に鑑定してくれます。

参考:小紋を買取りしてくれる専門店一覧

持ち込みはもちろん、出張査定や宅配での買取りに対応しているお店も多いので便利です。