小宮康孝のネットでの売価は42,000円程度

小宮康孝(こみや・やすたか)の着物は、ネットではそれほど高値では売れません。
42,000円での取引実績がある程度です。

人間国宝なのですが、ネットでは流通量が少なく、高値はつきにくいのです。大切な着物ですから、どうせなら高く買ってもらいたく、同時に着物の価値がわかって小宮康孝の着物が好きな人に着ていただきたいものですよね。

小宮康孝の着物とは?

小宮康孝とは、1925年東京都台東区浅草生まれの染色作家です。
小宮康助の長男で、小宮家を継いで染色作家となりました。

父親である小宮康助も江戸小紋の作家で、人間国宝です。
つまり小宮家は2代続けて人間国宝を輩出している伝統ある一家なのです。

小宮康孝は小宮康助の元で修行しており、江戸小紋について習いました。江戸小紋の染め物は、技術的な修練が必要です。

小宮家では、技術の伝承についても力を注いでいます。工房は湿度が保たれ、型紙に糊をつけ、何十回も何百回も柄をつける工程を繰り返します。乾燥、地染め、色の定着のため蒸しながら、工程で作業された反物を洗い流します。

そうすることで、粋な江戸小紋が徐々に仕上がっていきます。

技術は伝統的ながら、小宮康孝の技術は新しいものも、良いものがあればどんどん取り入れていきます。
たとえば蒸しの工程。

蒸しの工程は、現在では、小宮康孝の手によって、ボイラーが使われています。現代にも見事に適用し、手作りの良さを残しつつも、革新的な技術を次々と取り入れていく小宮康孝の江戸小紋は、小粋な妙があって人気なのです。

小宮康孝によると、江戸小紋は分業が大切だということです。

自分だけが優れた技術を持っていても、良い江戸小紋は作れず、型紙のための和紙、型紙を切る用の刃物、反物の蚕など、さまざまな素材や材料、道具などがみな廃れずに残っていることが重要となります。

ぜんぶ集まってはじめて、江戸小紋が生きるのです。

江戸小紋は分業が大事で、特に型紙が大事です。小宮家では型紙の伝統を守りつつ、同時に新しい型紙も取り入れていきます。

古い型紙ばかり使っていては、型屋が生計を立てられないからです。相互に技術を発展させあい、高めあって行けるように、江戸小紋は分業制の中で切磋琢磨してきました。
その集大成が、小宮康孝の着物、というわけです。

小宮康孝は江戸っ子の気風を受け継ぎ、現在に多くの江戸小紋を残しています。
現在も存命なのですが、もう90歳を超えているため、新しい着物はほとんど作られていません。

そのため、中古で手に入れることになります。小宮康孝は後輩の育成にも力を注いだため、小宮康孝風を受け継いだ着物は数多くあります。ですが、小宮康孝の着物で本物となると、なかなか手に入りません。
貴重な品ですので、丁寧に扱って、高値で買ってもらいましょう。

小宮康孝の着物を高く売るコツ

小宮康孝の着物は、それほど古いものではないため、比較的状態が新しいものが多く残っています。
保存状態が良いものほど、高値で買い取ってもらえます。

ですが、ネットで売るのは避けた方が良いでしょう。
着物買取の専門店に買い取ってもらうのがおすすめです。

小宮康孝の着物の価値がわかり、江戸小紋の粋がわかるような専門の業者にお願いしましょう!
価値が分かる業者なら、高値で買い取ってくれて、その後、催事などに流して着物を大切にしてくれる人に受け継いでもらうことができます。ネットでの販売はあまり高くは売れませんし、誰が買うかわかりません。
確実に目利きが担当してくれる着物買い取り業者に売るのが良いでしょう。