小宮康助の中古はどれくらいで売れる?

小宮康助のネットオークションでの落札相場は7,500円程度

小宮康助(こみや・こうすけ)は人間国宝にも選ばれた、江戸小紋の作家です。ですが、最近では江戸小紋があまり着られていないためか、価値が分かる人があまりおらず、ネットではほとんど取引されていません。
たまに取引があっても、7,500円程度と、ほとんど値がつかないのが難点です。

たくさんの弟子を持ち、その後の江戸小紋の発展にも貢献した小宮康助ですが、ネットで売るのはおすすめできません。

小宮康助の着物とは?

小宮康助は、明治の終わりから昭和にかけて活躍した染色作家です。誕生は明治15年(1882年)で、亡くなったのは昭和36年(1961年)です。

東京出身で、江戸っ子でチャキチャキした性格だったと伝えられています。
浅野茂十郎氏に江戸小紋の型染めをならいました。その技法を受け継いで、自然染料だけでなく、化学染料も取り入れつつ、江戸小紋の世界に新しい風を吹き込みました。

江戸小紋は伝統的なものですが、型染めでは新しい技法を開発したことで、江戸小紋の発展に貢献しました。
昭和30年(1955年)には、江戸小紋への貢献が認められ、人間国宝に認定されています。非常に手先が器用な優れた作家で、同じく作家の小宮康孝は息子です。

江戸小紋は、長い戦の時代が終った江戸時代、武士たちが競って着物を贅沢にしたことに端を発します。それを危惧した江戸幕府が、武士はあまり着飾らないほうが良いと規制をかけたのです。
そこで、江戸小紋がブームとなりました。

文字通り、江戸小紋は柄が非常に細かく、遠目でみると無地に見えるのです。そのため、着飾るのではなく近くで見ると粋な着物である江戸小紋が、大いに流行ったのです。
そうしているうちに技術が発展し、染め物の技法として確立されました。

江戸小紋という名前は、小宮康助が関係しています。小宮康助が人間国宝に選ばれた時、ほかの小紋と判別をつけるため、江戸小紋というネーミングがつけられました。
そのため、人間国宝に選ばれた1955年頃に江戸小紋という名称が登場し、江戸時代には江戸小紋の名前はありませんでした。

江戸小紋は型染めです。小宮康助は江戸小紋に習熟し、優れた小紋を数多く後世に残しました。
ですが、今ではあまり流通していません。そのため、希少価値が高いのです。

小宮家は江戸小紋を伝承しており、小宮康孝氏や小宮康正氏に受け継がれています。

工房は電球がなく、真っ暗です。
湿度が型紙や糊に影響することをおそれて、暗がりで作業するのです。

窓は締め切っており、外の光を一切いれません。小紋を染めるには高い技術が必要で、また、小宮家では技術の伝承にも力を注いでいます。
着物だけが残るのではなく、技術を残ることを主流として、小宮康助が始まりの小宮家が、伝統を受け継いでいます。

型紙を守ることも使命で、新しい型紙などを取り入れながら、型紙屋と協働しながら働いていくことが大切だと考えた小宮康助は、古い模様も新しく型紙を作って作業する人でした。

小宮康助の着物を高く売るコツは?

小宮康助の着物は、現存している作品数が少なく、あまり流通量が多くありません。ですが、着物買取店なら、高値で買い取ってもらえます。

江戸小紋は粋な染め物で、おしゃれ着や外出着から、普段着まで、さまざまな用途でお使いいただけます。

小宮康助の着物を売る際、着物専門の買取業者に依頼すれば、高値買い取りが可能です。できれば、複数の取扱業者に依頼して、価値が分かる人に受け継いでもらえるよう、
相手を選んで売りましょう。
着物買取業者なら、小宮康助の着物は高値で買い取ってもらうことができるでしょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ