小松綸子の買取り相場はオークションではいくらなの?

石川県の伝統的な絹織物「小松綸子」を売るのなら、まずは買取り相場を確認してみましょう。

ネットオークションで売る際の取引データを見てみると、中古の最高値は蔵出し品の長襦袢地で3600円の値段がついています。
小松綸子は新品が多く出ており、新品の最高値は16800円でした。
逆に最安値はハギレで350円からあります。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

小松綸子を高く売るのなら、その価値が十分に分かる着物買取り店にみてもらうのがおすすめです。

参考:小松綸子を買取りしてくれるお店一覧

無料で査定してくれるので、買取り額に満足なら売ることを検討してみましょう。

小松綸子の特徴を徹底解説

小松綸子は石川県小松市が産地の絹織物です。

綸子とは生糸から作られた繻子織の生地に、裏組織で模様が作られた織物を指します。
元々は京都で織られていたものですが、江戸時代中期は群馬県の桐生でも織られていました。

それらと区別を付けるために、小松市周辺で織られた綸子の総称として小松綸子と名付けられました。

絹は柔らかい指触りと上品な光沢が特徴的ですが、小松綸子はそれに加えて、糸の組み合わせによって様々な模様を織れることが大きな特徴です。
そのため、高級反物や帯地、装いの土台である長襦袢に用いられてきました。

小松市周辺は絹の名産地として知られており、上質な織物であることから、聖武天皇の時代には「加賀絹」と呼ばれていたそうです。
加賀絹は平安時代から朝廷に献上され、室町時代には将軍家に献上されたことで、知名度が高まったという歴史を持ちます。

江戸時代に突入し藩主・前田利常の後押しもあり、絹や羽二重の生産がより活発になります。
1637年には絹造会所が設立され、製品の品質検査により品質はますます向上していきました。

明治時代にドビー機やバッタン機、ジャガード機が小松市にも導入され、普及により工業化が発展し、日本有数の綸子産地となりました。
それらの織機の活用により、紋八端、紋平絹、紋羽二重など模様のバリエーションが増えています。

現在は生活様式の変化の影響で生産量は非常に少なくなっています。
地元では伝統的な絹織物を絶やさないよう、衣料だけではなくカーテンといったインテリアやバッグ、小物など現代的な品々にも活用されています。

形は変わってきているものの、地元から愛されている織物であることは間違いありません。

小松綸子を高値で売るコツ

どんなに価値が高い着物であっても、状態が悪いと減額されてしまいます。
絹でできた小松綸子は繊細な品物なので、売る時まで正しい方法での保管が高値になるポイントです。
長い間日差しに当たると色焼けや色褪せを起こす可能性があるので、日差しが当たらない場所に保管してください。

小松綸子を高く売るのなら、着物への深い知識を持っている査定員のいる着物買取り店に鑑定してもらうのが一番です。

参考:小松綸子を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は出張査定や宅配による買取りにも対応しているので非常に便利です。