駒絽の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

駒絽の買取り相場はオークションではいくらなの?

肌触りの良さと通気性に優れていることから、夏に着用することが多い駒絽。
不要になった駒絽を売る事を検討中なら、まずは買取り相場を知るのが大切です。

ネットオークションで売る場合ですとその相場は平均3,900円程度です。
中古の最高値は駒絽の付下げで168,000円で売る事ができています。
最安値は1円からありますからモノによって価格差が大きいのが特徴です。
もちろんこれらの数字はただの目安です。

可能な限り高く売るなら駒絽の価値が十分に分かる着物買取店にお願いするのがおすすめです。

参考:駒絽を買取りしてくれる店一覧

店は無料で査定に応じてくれるので良い値段がついたら売る事を考えましょう。

駒絽の特徴を徹底解説

駒絽とは、夏の着物としてよく使われている薄単衣の「絽」を、駒撚糸によって織り上げた着物です。

基本的に絽には様々な種類があるのですが、駒絽は駒撚糸を使っていることが特徴的な部分と言えます。

駒撚糸は、片撚りがかかっている糸を2本以上付かて引き揃え、片撚りと反対方向に撚りをかけることによって丈夫になります。
そんな駒撚糸を使っているため、駒絽も生地自体とても丈夫であり、さらに駒撚糸ならではの肌触りを感じることができるのです。

駒絽は他の絽に比べるとしゃり感が強く、しぼが少ないため見た目的にも涼やかなのが特徴です。

駒絽の産地として最も有名なのは新潟県五泉市です。
五泉市は京都の丹後、滋賀の長浜と並ぶ、全国三大白生地生産地で、その歴史は天明時代にまで遡らなくてはなりません。

地元で作られた上質な絹糸を用いて駒撚糸を作り、駒絽を丁寧に織り上げていきます。

元々駒絽は明治30年代にドビー織りの職人から織り方を学んで絽の試作を作り、明治35年には五泉の特産品として全国的に広まりました。

駒絽は着物だけに留まらず、帯にも活用されています。
通気性が良いため、駒絽の帯も夏におすすめのアイテムと言えます。

夏に正装で出かける場合は、麻よりもカジュアルさを抑えながら、普通の生地よりも涼しさを感じられる駒絽を着てみてはいかがでしょうか。

駒絽を高値で売るコツ

駒絽を高値で売るコツは、五泉市で作られた着物であること、中古であっても状態が良いことが挙げられます。
五泉市で作られたかどうかは証紙があると鑑定しやすくなるので、証紙は一緒に保管しておきましょう。

またその価値が分かる買い手を選ぶのも高値で売る大切な要素です。
その点着物買取店は着物全般への深い知識があるため安心です。

参考:駒絽を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は訪問買取りや宅配査定に対応しているので多忙な方にも人気です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ