甲田栄佑の中古はどれくらいで売れる?

甲田栄佑のネットでの相場は、44,500円前後

甲田栄佑(こうだ・えいすけ)の着物について、ネットでの落札相場を調べてみたところ、44,500円前後で取引されていることがありました。だいたい、5万円弱程度の様子です。

しかし、甲田栄佑は、人間国宝ですので、もうちょっと値がついてもいいのに、というのが、着物を持っている方の本音ではないでしょうか。
ネットでは、あまり高値がつかないようですが、工夫すれば高値で買い取ってもらうことは可能です。

甲田栄佑の着物の特徴は

甲田栄佑は、大正時代から昭和時代にかけて活躍した染織作家・着物作家です。
明治35年(1902年)に宮城県仙台市で生まれています。

祖父の代からの染織作家で、父親の甲田陸三郎氏から、仙台平という技法をうけつぎました。無撚先染織(むねんさきおりぞめ)という技法を編み出した人でもあります。
かなり特殊な技法なのですが、甲田栄佑が開発した技法です。

仙台平を受け継ぐ家の出身で、生業として継承しました。
八王子織染工業学校専門科という学校の出身で、学校でも染め物を修めています。

佐山万次郎という仙台平の著名人のもとで修行し、同時に父親のもとでも修行しました。仙台平の伝統技術をその手に習得したのです。
21歳で甲田機業場の社長となり、糸の研究に没頭。非常に研究熱心で、たゆまぬ向上心があった人としても知られています。

甲田栄佑の織物はとても繊細で、デリケートなため評価されました。
糸をぬらして織るという伝統の熟練者でもあったのです。

甲田栄佑は、機械織りが当たり前になってしまった昭和の時代、それでも手織りを続けました。
その手作業の巧みさには高い評価がつけられています。

1956年、なんと54歳の若さで人間国宝に選ばれた優れた作家です。「精好仙台平」の継承者として、認定されています。

甲田栄佑の着物は、とくにハリがあり、なおかつしなやかだと評価が高いのです。品性があり、輝いて見えるのが特徴です。

仙台平が興った江戸時代から、その風格は受け継がれており、男性の第一礼装として親しまれてきました。また、芸能界などにも愛用者は数多くおられます。
袴地としては最高峰で、人々の憧れの着物だといえるでしょう。

人間国宝として認められてからも精力的に活動し、数多くの着物を残しました。その価値は高く、文化人にも愛用者が大勢います。

糸を精錬する技術、染め、手織りなどの卓越した技術で、打ち込みも強く、類を見ない作品が仕上がっています。

甲田栄佑の着物を高く売るコツ

人間国宝の甲田栄佑ですが、優れた技術で、光沢のある美しい着物を数多く残しています。そんな着物ですので、ネットにて二束三文で売るのはもったいないといえます。

そこで、着物買取業者です。

甲田栄佑の着物の価値がわかっており、文化的な側面も理解している査定人に、買い取りを依頼しましょう。
人間国宝で今はもう新しい着物が作られていませんので、希少価値が高いのです。

保存状態がよく、丁寧に保管されケアされてきた着物なら、高値買取が期待できます。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ