北村武資の中古はどれくらいで売れる?

北村武資のネットでの売却相場は1万円程度

人間国宝、北村武資(きたむら・たけし)の着物をネットで調べてみると、1万円を少々超える程度で取引される場合もあるようです。そもそも、北村武資の作品をネットで購入するには贋作などのリスクがあり、本物かどうかはわかりません。

本物であれば、60万円でも買う、という人はいるのでしょうが、ネットでは真偽の程がわかりませんので、高値で購入してくれる人が少ないのではないでしょうか。
北村武資は人気のある人間国宝ですので、価値が分かる人にはわかります。

北村武資の着物の魅力とは!?

北村武資は、昭和10年(1935年)に生まれた京都出身で昭和後期から平成にかけて活躍している染織作家です。伝統技法を受け継ぎ、難易度の高い文様を着物に織り込みました。

2度の人間国宝を受賞しており、複数の優れた技術を併せ持った優秀な着物作家です。
中学校を卒業して以来、西陣で修業に励み、技術を習得し、30歳ごろに頭角を表したのです。

人間国宝として、1995年に、羅の技術で受賞しています。2000年には、経錦の技術で、選ばれています。

北村武資の作品は、羅や経錦の作品において、見ることができます。精微な技術を使っており、破綻してない織りものや、センスあふれる色彩感覚が特徴です。そして、品格があるのも北村武資の作品の優れたところです。

雅な作品としても知られ、人間国宝にふさわしい作家だといえるでしょう。

単に羅と経錦だけを追い求めていたわけではなく、織物を国際的にもとらえてきた作家です。

織物の基本は、機をコントロールすることが大切だと信じ、染め物と織物の基本を追求しました。
経糸と緯糸がどのようなタイミングで交わるのか、その間合いなどが重要だと考えたのです。

その間合いが、模様を生み出してくれるのです。風合いなども、それらの交錯で成り立ちます。
どのように構築するかで、織物の質が決まるというのが、北村武資の考えです。

60年以上の創作生活において、織物を組織としてとらえ、繊維の構造体とみなして、ミクロとマクロの視点から、織物を把握しました。

羅や経錦は、古代の技法を受け継いだ古代織です。
ですが、現代作家としての一面も忘れてはいません。常に新しい世界を追い求め、今もなお、現役で活躍し続けています。

製作に至っては、非常に厳しい態度でのぞんでおり、後輩にとっても模範となる作家です。

北村武資はつねに多彩な織物を織っており、非常に芸術性あふれる作風が特色。昔ながらの伝統を受け継いだ古代織から、現代風のモダンな織物まで幅広く織られた作品は、多くの人に愛されています。

デザインはオリジナリティがあり、織技を極めていますので、究極の逸品といっても過言ではないでしょう。現在も、京都の工房で毎月新作を発表しており、数は少なく希少価値は高いのですが、最新作を着物店などで見ることができます。

北村武資の着物を高く売るコツは!?

北村武資の着物作品は、今もなお現役の作家ということで、現在も毎月新作が登場しています。

ですが、過去の作品も非常に優れた逸品といっても良いものであり、高値で買い取ってもらえます。
できれば着物買取店にお願いして、見積もりが高くでた業者に買い取ってもらうと良いでしょう。
催事などに持っていってもらい、素晴らしさが分かる人に受け継いでもらうことができます。なるべく保存状態を良くして持ち込みしましょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ