ネットでの木村雨山の着物の相場は63,000円前後

ヤフオク!などのネットにおいて、木村雨山(きむら・うざん)の着物を調べてみると、高いものでも63,000円前後が相場のようです。

買うときはもっと高い値段を出して買っているのですから、もっと高く売りたいですよね。
ネットでは、デザインや状態だけを見て木村雨山の着物の価値がわからない人が買っていることも多いため、あまり高い値がつきません。
ですが、木村雨山は人間国宝でもあり、貴重な作品を数多く残しています。

木村雨山の着物の魅力とは!?

木村雨山は、本名は木村文二といいます。明治24年(1891年)に、石川県で生まれました。
加賀友禅の世界に親しみ、大きく発展させた作家でもあります。

苦学生だったので、石川工業補習学校自在画図案科で学びながら、和田雲嶂(わだ・うんしょう)のもとで、加賀友禅を学びました。そして、大西金陽(おおにし・こんよう)のもとでは、日本画を学びました。

戦後は日本伝統工芸展などで幅広い活躍を見せました。友禅の伝統的な作り方・技法に、現代的なセンスをおりまぜた作風で、昭和30年(1955年)に人間国宝に選ばれています。
昭和52年(1977年)に86歳で亡くなっています。

縮緬地(ちりめんじ)の友禅の訪問着である「花鳥」という作品が、昭和9年(1934年)に、第15回帝展で特選となったのをきっかけに、帝展や日展などで幅広く活躍しました。

感受性にあふれた豊かな色彩と、卓越した技術、そして格調高い色彩などでオリジナリティあふれる境地に到達しました。

加賀友禅一筋だった人で、染め物の世界の第一人者としても知られています。紫綬褒章や勲三等瑞宝賞なども受賞しています。日本画も学んでいるため、技法を活かして、自在な表現を行いました。

色彩も工夫を凝らしており、ぼかしなどに定評があります。

また京友禅とは異なる加賀友禅の、オリジナルの作風をうまく表現しました。訪問着などで人気が高く、優れた作家として、人々に愛されている染め物作家です。

帯も定評が高く、丸の中に松竹梅がデフォルメされて表現された名古屋帯なども有名です。可愛らしい柄で、いろいろな文様に染められています。

図案におこしてオリジナルのアレンジを加え、見事な表現で帯に仕上げたものなどが人気です。加賀の伝統を受け継ぎ、色合いがとても冴えているのが特徴です。イキイキと美しく、見事な出来栄えの着物を数多く残しました。

帯だけでも希少価値があり、木村雨山の名古屋帯は無地の着物や江戸小紋などにもよく映えます。紬にもマッチして、さまざまな着物と合わせることができます。

巨匠ながらも精力的に作品を発表し、数多くの格調高い作品を残しました。加賀友禅では唯一の人間国宝です。

友禅の美しさに人生を捧げ、志と技術を後世に伝えました。独特の感性をもちいて、国内外を問わず優れた着物を残しました。数多くの賞も受賞しています。

木村雨山の着物を高く売るコツは!?

木村雨山の着物は、ネットではあまり高く売れないケースが多いようです。

着物買取業者なら、木村雨山の着物を高く買い取ってくれます。相場はまず見積もりに出してみないとわからないのですが、できれば複数の業者に取り扱いを依頼してみましょう。
見積もりを出してもらって、より高く買ってくれる業者を選ぶのです。
木村雨山は人間国宝ですので、取り扱っている業者も多いのです。
ゴミやホコリをはらって、保存状態の良い木村雨山の着物は、着物買取業者が高く買い取ってくれます。