川村久太郎の着物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

川村久太郎の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

おしゃれな着物として愛される川村久太郎の作品を売るのなら、手始めに買取り価格の相場を確認してみましょう。
ネットオークションで売る場合の平均相場を調べてみると、9,800円程度でした。
中古の最高値は川村久太郎の結城琉球生紬の30点セットで158,011円です。
1点の最高値は、大島紬が78,000円です。
他方、最安値は訪問着が450円からありますから、これらの値段はあくまで目安として抑えておきましょう。
人気作家、川村久太郎の真価は着物への深い知識がなくては分かりません。
着物買取店なら、知識豊富な鑑定士が無料で査定してくれるので便利です。

川村久太郎の着物を買取りしてくれる店一覧

高額で売るのなら、ブランド作家の着物に詳しい鑑定士がいる店にお願いするのが安心です。

川村久太郎の着物の特徴を徹底解説

川村久太郎は京都府伝統産業優秀技術者(京の名工)を保有している染色作家です。
京の名工とは、府内の伝統産業に関わり、優れた技術で多年にわたり振興と発展に貢献し、継承者の育成を図る人に送られる名誉ある表彰です。
おしゃれで上品さを感じられる川村久太郎の着物や帯は着物愛好家からも人気が高く、着物買取でも需要が高いブランドと言えます。

川村久太郎は様々な着物や帯の染めを手掛けており、大島紬結城紬牛首紬、生紬、袋帯などがあります。

大島紬は鹿児島県奄美大島や鹿児島市周辺、宮城県都城市でつくられている絹織物です。
奄美大島でつくられるものを本場奄美大島紬と呼び、それ以外の場所でつくられているものを本場大島紬と呼んでいます。
正装として着ることはありませんが高級紬の1つなので、高価で売る事が期待できるでしょう。

結城紬は主に茨城県や栃木県で生産されている絹織物です。
奈良時代まで遡るほど古い歴史を持ち、国の重要無形文化財や伝統的工芸品に指定されている高級紬になります。

参考:栃木の着物買取

牛首紬は石川県白山市白峰地区で生産されている紬織物です。
独特な名前は白峰の旧名である牛首村が由来しています。
蚕の繭の中には2頭の蚕が入っていることがあり、それを玉繭と呼びます。
玉繭は内部が複雑に絡み合っているので通常は真綿にして糸にしますが、牛首紬は直接糸をつむいでよこ糸に使っているのが特徴的です。

生紬は麻のような風合いのなかにさらさらとした張りを持つ紬です。
光沢としなやかさがある発色の良い絹糸にするため、表面にセリシンと呼ばれるたんぱく質を取るための精練を施しますが、それと途中で終えたものが、生紬になります。

袋帯はフォーマルからカジュアルまで幅広く用いられる帯です。
二重太鼓や変わり帯をする時に用いられ、用途に応じて使い分けられています。
川村久太郎の袋帯の中にはリバーシブル帯もあり、アレンジ次第でよりおしゃれな着こなしができます。

他にも川村久太郎の染め生地を使った草履はカジュアルな着物と相性が良く、そちらも人気です。

川村久太郎の着物や帯は現代的な和の世界観を表現している作品が多く、繊細な模様で美しい着物や帯に仕上がっています。
渋くモダンな雰囲気の着物や帯が多いのですが、おしゃれで上品な色柄は年代問わず着用を楽しめるでしょう。
訪問着ならカジュアルなシーンからセミフォーマルのシーンまで幅広く着用可能です。

川村久太郎は初代と二代目がおり、落款が異なります。
二代目の作品は見かける機会は多いと思いますが、初代の作品も人気なので高価買取りを狙えるでしょう。

川村久太郎の着物を高値で売るコツ

川村久太郎は人気の作家なので、落款付きや高級紬であれば高価買取りを狙えます。
産地や種類が記載されている証紙付きであれば査定額ももっと上がるでしょう。
査定では着物や帯の状態も影響するので、きれいな状態で売る事ができるよう汚れや湿気には注意して保管してください。

高値で売るのなら、着物への深い知識を持っている着物買取店にお願いするのが良いです。

川村久太郎の着物を買取りしてくれる店一覧

出張査定や宅配買取りにも対応しており利便性が高いのが魅力です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ