型友禅の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

型友禅の買取り相場はオークションではいくらなの?

型友禅の着物を持っているが最近使っていないという方は、売る事を検討して見ましょう。
その際大切なのは、買取り相場のチェックです。
ネットオークションで型友禅を売るケースを調べてみると、平均11,500円程度で買取りされています。
中古の最高値は、栗山工房の型友禅で139,000円で売る事ができています。
最安値は1円からありますから価格の幅が非常に広いのが特徴です。
もちろんこの価格は目安に過ぎません。

型友禅を高値で売るのなら、その価値が十分に分かる着物買取店に査定依頼するのがベターです。

参考:型友禅を買取りしてくれる店一覧

店は無料で査定してくれるので、提示額に満足の場合、売る事を検討してみましょう。

型友禅の特徴を徹底解説

型友禅は友禅染の種類の一つであり、型紙と写し糊と呼ばれる染料液と糊を混ぜて防染と染色をまとめて行う方法を用いている技法を指します。
友禅染には他にも手描き友禅がありますが、手描きに比べて型を使って文様が描かれているため、同じような品を量産することも可能です。

参考:糸目(手描き)友禅買取り

これまで友禅染はほとんどが手描きだったため、一部の富裕層しか着用することができませんでした。
しかし、型友禅によって日本中に友禅染の着物が広まり、一般的に身に付けられるようになったと言っても過言ではないでしょう。
だからといって格安な製品というわけではなく、型友禅でも高値が付く作品はいくつもあります。

型紙は通常1色に対して1枚が使われるため、多色使いの着物であればあるほど用いられている型紙の数も多くなっています。
また、何度も型紙を取り替えながら作業をしていく必要があるため、手描きに比べて楽な作業というわけでもないのです。
型友禅の技術を習得するにも長期間の修行が必要になってくると言えるでしょう。

型友禅のもう一つの特徴として、染め上がった柄は全て彩色されるという点が挙げられます。
手描き友禅の場合は糸目糊が防染の役割を果たしつつ文様の輪郭を表しているのですが、型友禅では糸目糊ではなく染料液が混ざった写し糊が用いられているため、輪郭なども全て白や黒以外の色も入れることができるのです。

また、型友禅では工程ごとに職人が設けられることが多いです。
例えば、文様の図案を描き、彩色まで行う図案家から、もらった図案通りの型を作成する型彫りの職人、型紙を使って生地の上に染色していく職人などがいます。
1つの着物に対して多くの職人が関わることで、繊細で鮮やかな型友禅が誕生します。

型友禅は幅広い着物に用いられており、着尺地から長襦袢、帯などにも使われています。
さらに型友禅の産地も様々です。

友禅染の本場とも言える京都の京友禅や東京の江戸友禅、金沢の加賀友禅、新潟の十日町友禅などがあります。
産地やブランドなどによっては型友禅を売る時にかなりの高値が付くケースも少なくありません。
買取りを検討されている方は、自身が持っている型友禅の産地などが分かる資料や証紙などを持っている場合はそちらも用意しておくと良いでしょう。

型友禅を高値で売るコツ

型友禅を高値で売るコツは、当たり前ですが、できるだけ良い状態で買取り査定に出すことです。

一度陰干しを行ったり、傷や汚れ等がないかチェックを行ったり、また保管している段階でなるべく状態を維持できるように工夫することも大切です。

また、型友禅の価値が分かる買い手に売る事も大切です。
その点、着物買取店なら着物への深い知識を持った査定員が丁寧に鑑定してくれるので安心です。

参考:型友禅を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は出張での買取りや宅配査定にも対応しているので非常に重宝します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ