加賀錦の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

加賀錦の買取り相場はオークションではいくらなの?

加賀錦を売ることを考えているのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。

ネットオークションで売る場合を調べてみると、最高値は黒留袖の5点セットが18,800円でした。
逆に最安値は小物が1円からあります。
最高値は着物のまとめて売るケースなので、単価で考えるともっと安くなる可能性があります。
そもそも加賀錦は着物の出品数が少ないため、正確な平均相場の算出は困難なのが実情です。
もちろんこれらの値段は目安です。

加賀錦を高く売るのなら、着物への深い知識を有している着物買取店にみてもらうのがおすすめです。

参考:加賀錦を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は無料査定をしてくれるので、満足な買い値なら売ることを検討してみましょう。

加賀錦の特徴を徹底解説

加賀錦は石川県南西部の加賀地域で生産されている織物です。
錦とは金銀や様々な色の糸を使い、豪華で可憐な模様に織り出した紋織物の総称で、振袖や礼装用帯、人形衣裳、舞台衣裳など様々なものに使われています。

加賀錦の特徴は、加賀絹に朱色などの色彩を友禅の手法で染めているのが特徴的です。

加賀地方は古くから絹の生産が盛んで、一般的に小松産の絹が「加賀絹」という名で知られていました。

友禅は京都発祥の染色技法ですが、江戸時代初期に加賀独自で発展していきました。

京友禅と同じく手描き友禅と型友禅の両方があり、それぞれ工法は違うものの、精緻で繊細な図柄を作るためには熟練の技術が必要です。

参考:京友禅買取り

多彩な色彩を使い絵画のような友禅染めは華やかさや豪華さが魅力ですが、加賀友禅は加賀五彩と呼ばれる5色を基調としています。
その加賀五彩とは藍色、えんじ色、黄土色、草色、古式紫色の5色です。
京都は公家や豪商向けに華やかな色が好まれましたは、加賀では武士が好む色として、上品で落ち着きのある色が要求されました。
作家は5色をベースに自分の個性を反映しつつ、配色を決めて加賀錦を織り上げているのです。

図柄は風景をモチーフにしたものが多く、日本的で格式の高いことも大きな特徴でしょう。
色彩は均等に染めず、ぼかし染の技法を用いて外から内側に向かってグラデーションのように染められています。

より現実感を引き出すために、虫食いや三色ぼかしなどの技法で柄にアクセントを残しています。
虫食いは木の葉を描く時、虫に食われた様子を引き出す技法です。
一方、三色ぼかしは同じ葉っぱでも3色を使い分け、紅葉や枯れている木の葉を表現する技法です。

かつての京友禅は淡青単彩風のものが多く、加賀友禅の方が絵画調でした。
品物や作家にもよりますが高い値段で売ることも可能でしょう。

加賀錦を高値で売るコツ

絵画に似た美しさのある加賀錦を高く売るためには、美品であるか確認をしましょう。
美品は再販価値が高いので高値になる可能性があります。

また、買い手選びも重要です。
加賀錦を高く売るのなら専門知識豊富な着物買取店に鑑定してもらうのが安心です。

参考:加賀錦を買取りしてくれるお店一覧

こういったお店は宅配査定や訪問による買取りもしているので、忙しい方にも人気です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ