加賀小紋の買取り相場はオークションではいくらなの?

自宅で眠っている加賀小紋の着物を売る事を考えているのなら、まずはその相場を調べる事から始めましょう。

ネットオークションでの加賀小紋の相場を調べてみると、平均千円程でした。
中古の最高値は坂口幸市の加賀小紋で49,000円で売る事ができてます。
最安値は1円からあるので、かなり値段の幅が広いです。

もちろんこの価格はあくまで目安です。
加賀小紋を高く売るのなら着物への深い知識がある人に見てもらうのが必須です。
着物買取り専門店なら加賀小紋への知識を持った査定員がていねいに見てくれます。

参考:加賀小紋の着物を買取りしてくれる専門店一覧

査定は無料なので、まずは買取り価格を出してもらい、それに満足ならはじめて売る事を検討してみましょう。

加賀小紋の特徴を徹底解説

加賀小紋とは、元々型染め技法と派手な柄行きを組み合わせて作られていた京都の「京小紋」に影響を受けて石川県内で作られるようになったものを言います。

現在は経済産業大臣より指定を受けた伝統的工芸品として金沢を中心に作られています。

小紋と呼ばれているのに大きな模様が目立つのは、京小紋に影響を受けているためです。
ただし、加賀小紋の中には江戸小紋の影響を受けて作られた作品もあります。

加賀小紋ならではの特徴として挙げられるのは、色使いです。

元々加賀友禅にも用いられていた色使いの「加賀五彩」が加賀小紋の色使いにも使われています。
加賀五彩とは、臙脂色や藍色、黄土色、草色、古代紫色の5色で構成される色使いであり、京友禅に比べて落ち着いた色味が特徴的です。

加賀五彩の色味は京小紋よりも派手な印象ではないものの、江戸小紋に比べると柔らかい雰囲気の色味で、女性が親しみやすい色が使われるケースも多いです。

また、加賀小紋では染め方も2種類あり、京小紋の影響を受けて作られた小紋には「手描き友禅」、逆に江戸小紋の影響を受けて作られた小紋には「型友禅」が使用されています。

特に型友禅の場合、板の上に生地を置いて染め上げていくのですが、加賀友禅の特徴として色味以外にも糸目糊で輪郭を施してから色を加えることになります。
そのためかなり細かく手間をかけて一つひとつの作品を作り上げているのです。

また、手描きであり、多くの模様は自然や古典をモチーフにしているものが多くみられます。

他にも加賀友禅の技法として虫食いや先ぼかしなどの技法が用いられているものもあります。

加賀小紋を着るタイミングとしては、江戸小紋に比べると格式は高くないので日常的に使われることが多いです。
特に、京小紋のように模様が大きく目立っているものはフォーマルなシーンではなかなか使いにくいと感じられるかもしれません。

加賀小紋を高値で売るコツ

加賀小紋を高値で売るコツとしては、当たり前ですが綺麗な状態で買取りに出す事です。
タンスの中で眠っていた着物をそのまま引っ張り出し、査定してもらうことも可能ですが、その前にホコリやシワなどをなるべく取り除いておきましょう。

また着物買取り専門店のように着物に対する知識を持ったところで鑑定してもらいのもおすすめです。

参考:加賀小紋の着物を買取りしてくれる専門店一覧

こういった専門店は加賀小紋に対する知識があるので安心して売る事ができます。