寿光織の着物の中古価格は、ネットオークションでは6,000円程度

寿光織は株式会社竹下利で織られている絹織物です。
そんな寿光織の着物を持っていらっしゃる方の中には様々な理由で手放すことを検討されている方もいるでしょう。

ネットオークションで寿光織を探してみると、中古価格の相場は6,000円程度とかなり低くなっていました。
あくまでも目安であり、中には数万円で出品されているものもあります。

しかし、ネットオークションでは高値で売ることはなかなかできないかも知れません。

寿光織の着物の特徴

竹下利で商標登録もされている寿光織は、白生地の品質を最大限に活かされた高級織物です。

竹下利では白生地以外にも京染め呉服織りの技法を取り入れたテキスタイルや和装にピッタリの小物など、様々な商品を展開し多くの方に親しまれるようなアイテムを制作し続けています。

寿光織に関しても並々ならぬこだわりを見せており、仕入れは一切行わず全て自社生産をしているそうです。

皇室への献上は既に4回、さらに国会議事堂にある天皇陛下ご指定席にも寿光織が使用されているなど、質の高い素晴らしい織物であることが分かります。

そんな竹下利で作られている寿光織の着物の特徴は、模様の繊細さと言えるのではないでしょうか。
寿光織は白生地であり、あとから染めるために全て無地で作られます。

しかし、模様は全て金糸や銀糸などを駆使して作っていくため、まるで着物から浮き出ているような模様が作られます。
そのどれもが繊細さ溢れるもので、色がなくとも大人の華やかさを醸し出してくれる着物となっています。
フォーマルなシーンにも着ていくことが可能です。

また、寿光織は生地の素材にも大変こだわっており、基本的には厚手でしっかりとした正絹が使用されています。
厚手なので丈夫であり長年着用しても問題ないでしょう。

正絹の寿光織は着心地が非常に良く、保湿性・通気性などにも優れているため夏・冬でも着やすい素材となっています。
また、正絹ならではの光沢もあり、高級感溢れる風合いとなるのです。

技術が進んだ化学繊維であっても、正絹の肌触りや光沢はなかなか出せません。
ただし保存管理が難しく、美しい状態を保つのは難しいと言われています。

白生地であるため、後から色を挿すことができますが、寿光織の気品さはそのまま残した方が断然寿光織の魅力を味わえるので、色無地に仕立てると良いでしょう。

寿光織は様々な色と合わせられますが、特に草木染めのような柔らかい色合いのものになると、より模様が引き立ち上品な着物に仕立てられます。
また、その分個性的で華やかな帯とも相性が良く、華やかさをしっかりと出すこともできるでしょう。

寿光織の着物を高値で売るコツ

寿光織の着物はそのほとんどが正絹素材で作られているため、保管が非常に難しいです。
しかし、逆に状態が良い寿光織の着物は高値で売ることも十分可能と言えるでしょう。

ネットオークションの中古価格相場は6,000円程度でしたが、着物専門買取業者に相談し、買取りを行ってもらえばより高値での買取りも期待できます。
着物専門買取業者はプロの目でしっかりと買取査定をしてくれるので、寿光織であることを十分考慮しながら査定額をつけていきます。

また、着物専門買取業者に寿光織だけではなくまとめて着物や帯、和装小物を一緒に買い取ってもらえば手間もかからず、より高値で売ることもできます。