出雲織の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

出雲織の買取り相場はオークションではいくらなの?

島根県の伝統的な織物で知られている出雲織は、伝統的な織物というだけでなく、創造的・独創的な模様が特徴です。
出雲織を売る事を考えた場合、まずはその買取り相場を知っておきましょう。

ネットオークションで出雲織を売るケースを調べてみると、3年間で2品しか出品されていません。
高値の方は二階堂晃子作の名古屋帯で43,500円で売る事ができています。
もう一方は反物で25,000円です。
もちろんこれらの値段はあくまで参考値に過ぎません。

出雲織を高値で売るのなら、その価値が分かる査定員がいる着物買取店を利用してみましょう。

参考:出雲織を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は無料で査定してくれるので買取り額に満足なら売る売ることを検討してみましょう。

出雲織の特徴を徹底解説

絣織から発展した出雲織は、島根県の安来市を中心に織られている織物です。

関連:島根の着物買取

島根県には長い歴史やその風土から現代まで受け継がれてきた伝統工芸品がいくつもあり、出雲織もその中の1つとなります。

島根県には江戸時代から出雲地方に伝わる筒描藍染、長岡貞子が米子の絣の染織技術を習得したことで広瀬に広まった広瀬絣、絣織から発展した安来織がり、出雲織も安来織と同じように絣織から発展した織物となり、その技法は江戸時代に確立されたと言われています。

参考:筒描藍染買取り

シンプルな柄付けでありながら、個性や独創性感じられるものやどこか懐かしさを感じさせるものがあり、そこに手作りの良ささえも感じることができます。

糸紡ぎ、種糸づくり、整経、糸染め、手織りと伝統そのままの工程で出雲織が出来上がっていきますが、その前に綿から紡いだ糸を藍染めしてから織っていきますが、その藍染めにもこだわっています。
藍染めには藍がめの温度管理が重要で、これによって藍の糸の色合いが微妙な加減で異なっていくため、この色合いのための技術も必要となります。

そのため職人には、「よそで作っている物、よそで買える物は絶対に作らない」という精神が常に備わっており、これが伝統的な手織りの技法や工程を現在も大切にしている証でもあります。

また出雲織はシンプルで単調な柄付けが多くなりますが、これが本物の美しさや優しさを感じさせる柄であり、手作りの良さや温かみを感じさせる織物となります。
そのため飾っておくよりも実用性に富んでいて、洗っていくことでさらに出雲織独特の深みや色合い、その美しさを楽しむことができます。

出雲織は帯や着尺、テーブルセンターなどの製品になることが多く、着物と帯とセットで使用することも可能です。
またインテリアでも取り入れることができ、幅広い場所で出雲織らしさを感じることができるでしょう。

島根県のブランドで親しみのある出雲織を、普段着に取り入れて、その色合いの変化を楽しんでみても良いでしょう。

出雲織を高値で売るコツ

タンスに眠ったままの出雲織や、インテリアに使用していた出雲織の着物をそのまま使用しないで売る場合、まず汚れや虫食いなどがないか確認してみましょう。
着物の状態は査定にも大きく関係してくるので、着物の状態を確認してからにしましょう。

また、出雲織を高値で売るには、着物買取店の無料査定に出してみるのがおすすめです。

参考:出雲織を買取りしてくれる店一覧

着物買取店には着物に熟知した査定員がおり、着物の種類や真偽をきちんと見分けてくれます。

素人ではなかなか判断できないような部分も、きちんと評価してくれるので大変重宝します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ