糸目(手描き)友禅の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

糸目(手描き)友禅の買取り相場はオークションではいくらなの?

糸目(手描き)友禅がタンスに眠ってしまっているという方もいらっしゃるかと思います。
糸目友禅を売る事を検討しているのなら、まずは買取り相場を調べてみましょう。

糸目友禅をネットオークションで売る場合だと、平均9000円程度で買取りされています。
中古の最高値は婚礼用の糸目友禅で40万円で売る事ができています。
逆に最安値は1円からありますから、まさにモノによりけり。もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

糸目友禅を高値で売るのなら、その価値が分かる鑑定士のいる着物買取専門に相談してみましょう。

参考:糸目(手描き)友禅を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は無料で査定してくれるので、提示額に満足だったら売る事を検討すると良いです。

糸目(手描き)友禅の特徴を徹底解説

糸目(手描き)友禅は、京都で誕生した文様染めの一つです。

参考:京都着物買取

日本の代表的な染色技法である友禅には様々な種類があるのですが、その中の一つとして糸目友禅があります。
有名な友禅技法として「型友禅」というものがあり、こちらは型紙を用いることで同じ柄の着物をいくつも作り出すことができます。

しかし、糸目友禅は紙に図案を描いてから、その図案を基準に実際の白生地へ柄を描いていきます。
手描きとなるため、いくら同じ図案であっても全く同じ糸目友禅を作り出すことは職人であっても難しいでしょう。
だからこそ希少価値の高い着物となるのです。

なぜ、手描き友禅を「糸目友禅」と呼ぶのかというと、糸目糊を用いていることが由来とされています。
糸目糊というのはもち米が原料として使われている防染糊で、これを使うことで白生地に細い線を描き、防染していきます。
防染することによって染め上げても糸目糊で線が引かれている部分には色が付かず、模様の輪郭としての役割を果たしているのです。

ちなみに糸目糊を生地に置いていく作業は、細く均一の線を自由に描けるようになるまで、かなり長い時間がかかってしまうと言われています。

元々糸目友禅が誕生する前は、京都でも麻の漂白や植物を使った染め物は作られていました。
しかし、奈良時代に入ると中国や朝鮮などの諸外国から「ろうけつ染め」が伝わったことが影響し、友禅染の発展につながったと言われています。

参考:ろうけつ染め買取り

ろうけつ染めというのは溶かした蜜蝋を使って防染し、染色後に蝋を取り除いたものになります。
友禅では型や糸目糊を使って防染していますが、ろうけつ染めは蜜蝋を使っているのです。
そのため、ろうけつ染めは友禅に大きな影響を与えた染色技法と言えるでしょう。

糸目友禅は様々な着物に用いられており、振り袖や留袖、訪問着などから帯にも用いられています。
糸目友禅の繊細さは格式高いシーンにもコーディネートしやすいと言えるでしょう。

また、京友禅加賀友禅になると箔を用いたものから、生地が縮緬のものなどもあり、幅広い着物が存在しています。
文様や素材などを使い分けることで、それぞれのシーンに合った糸目友禅を着用することもできます。
様々なシーンに使いやすいということは、ニーズも高いということにつながります。

ニーズの高い糸目友禅なら高値で売ることも可能でしょう。

糸目(手描き)友禅を高値で売るコツ

糸目友禅を高値で売るなら、証紙といっしょに売りに出す事が大切です。

また、買い手選びも大変重要です。
価値が分からないお店に売ると買い叩かれてしまう可能性があります。

糸目友禅を売る場合は、専門知識豊富な着物買取店に査定してもらいましょう。

参考:糸目(手描き)友禅を買取りしてくれる店一覧

店なら出張での買取りや宅配査定にも対応しているので大変便利です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ