石下紬の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

石下紬の買取り相場はオークションではいくらなの?

本場結城紬の姉妹品とされる石下紬を売ることを考えた時、ネットオークションの相場はどうなっているのでしょうか?
ネットオークションで売るケースだと、最高値は証紙ありの石下紬で20,000円で買取りされています。
逆に最安値は1,000円からあります。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

石下紬を高く売るのなら、着物への知識が豊富な着物買取店に一度見てもらうのがおすすめです。

参考:石下紬の着物を買取りしてくれる店一覧

無料査定をしてくれるので買取り額に満足なら売る事を検討してみましょう。

石下紬の特徴を徹底解説

石下紬は茨城県結城郡石下地方で生産されている織物です。

参考:茨城の着物買取

茨城県といえば「本場結城紬」が有名ですが、石下紬は「石下結城紬」とも呼ばれており姉妹にあたります。
石下紬と本場結城紬は縮みが似ていますが、産地や素材、工法などに少し違いがあります。

本場結城紬は結城市や栃木県小山市で生産されています。
真綿から手でつむいだ糸を使用しており、絣くくりや地機織りなどの工程は手作業で織られています。
真綿を使用しているので艶やかな光沢を持ち、軽くて柔らかい織物です。

一方、石下紬は常総市石下地区で生産されているので、この点が本場結城紬との違いの一つです。

同じ茨城県の伝統工芸品ですが産地が少し異なるため、それぞれの証紙も違うので確認する際は注意しましょう。
使用する糸の素材にも違いがあり、経糸に絹糸を使い、緯糸は木綿の撚糸を使った交織であることが大きな違いでしょう。

製造工程では半自動織機が使われています。
半自動織機は打ちこみ工程は動力となりますが、絣合わせは職人の手で行われています。
緻密な作業なので、半自動といっても非常に大変な工程を重ねて製造されているのです。

石下地区は古くから麻や絹、綿の生産が盛んに行われ、麻や楮などを原料に木綿織物も生産していました。
織機の改良が進み、明治時代後期に絹綿交織の試作が完成し、石下紬が世に出回ることになったのです。

昭和30年代から消費者の志向に変化が表れ、正絹紬が注目され、石下紬は衰退してしまいます。
しかし、本場結城紬と似た風合いでありながら、比較的に安価で手に入ることから一部の層では根強い人気がありました。
縮織に似たしゃっきとした風合いが特徴的で、軽い上に着崩れしにくいことから、夏用の着尺に用いられていました。

真絹織物と異なり交織織物であるため価格は少し下がりますが、職人が不足しており、後継者も育っていないので存続の危機に瀕しています。

貴重な着物の一つなので捨ててしまわず、一度査定をして価値を確認しておくと良いでしょう。

石下紬を高値で売るコツ

石下紬を売る際、汚れやシミ、破れなどがあると評価を下げてしまうので、湿気のこもりやすい場所や日差しに当てないように気を付けて保管してください。
査定に出す際は軽い汚れやホコリを取り除いておくことをおすすめします。

また、買い手に着物に対する十分な知識があることも大切です。

石下紬を高く売るのなら、専門知識をしっかりと持った着物買取店に鑑定してもらうのが良いでしょう。

参考:石下紬の着物を買取りしてくれる店一覧

宅配での買取りや訪問査定にも対応しているので忙しい方にもおすすめです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ