伊勢木綿の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

伊勢木綿の買取り相場はオークションではいくらなの?

木綿の柔らかさと通気性の良さが人気の伊勢木綿。
売る事を考えているのなら、まずは買取り相場のチェックです。

伊勢木綿をネットオークションで売る場合、平均相場は5,300円程度です。
中古野最高値は単衣の着物が25,000円で売る事ができています。
最安値はハギレが100円から出ており着物以外の伊勢木綿が平均額を下げています。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

伊勢木綿を高値で売るのなら、その真価が十分に分かる着物買取店に見てもらうのがおすすめです。

参考:伊勢木綿を買取りしてくれる店一覧

査定自体は無料なので、満足いく提示額なら売るという選択肢もありです。

伊勢木綿の特徴を徹底解説

伊勢木綿は三重県で生産されている木綿の織物で、現在は津市の臼井織布で唯一生産されています。

関連:三重の着物買取

津市は伊勢の国の中心地で、古くから絹・麻・木綿の産地です。
伊勢地方は土と水、気候に恵まれていたことから綿栽培が盛んで、同時に木綿織物も作られていました。

伊勢神宮のお土産として伊勢木綿は売られており、商人によって江戸に流通し、高く評価されていたようです。

伊勢木綿の特徴は単糸と呼ばれる1本糸を使って織っていることです。
もともと1本で形成されている糸なので切れやすく、織るのがとても困難とされています。
切ることなく織るためには高品質な綿を使う必要があり、伊勢木綿は最高級の純綿糸のみを使って織られているのです。

もちろん糸の質だけではなく技術力も問われ、品質の良さから高級木綿と評されているのです。
伊勢木綿を藍染する場合、藍色100%だと色ムラが出るため、5%は石油から付くられるインディゴを加えています。

なので、現在は純藍染ではないので価格も抑えられ、手頃に買える値段となっています。

単糸なので伊勢木綿は柔らかい肌触りで、シワになりにくいところが長所です。

木綿には保温効果があるので温かく、その上通気性が良いので汗ばむ心配がなく着心地が良いです。
使いこむほど味が出てくるので、伊勢木綿に愛着を持つ人は少なくないようです。
伊勢木綿のデザインは単調なものが多いのですが、飽きが来ないシンプルさが魅力です。

従来の落ち着いた色合いや柄の伊勢木綿も人気がありますが、最近ではポップなイメージの織物も増えています。
ポップといっても派手さは十分に抑えられています。

木綿着物は綿素材の洋服と同じく自宅で洗濯が可能なので、汚れたら手軽に洗えるところも木綿ならではの良さと言えます。
絹は表面がツルツルなので着崩れしやすい着物が多いのですが、木綿は滑りにくいため長時間着ても着崩れしにくく、着付けが苦手の方でも着やすい着物となっています。

伊勢木綿は保温性と通気性どちらも優れているので、盛夏以外は季節問わず普段着として使うことが可能です。
カジュアルな着物となるためフォーマルな場では使えません。

お出かけやホームパーティーなどのシーンでの着用がおすすめです。

伊勢木綿を高値で売るコツ

伊勢木綿は生産が減っているので希少性の高さが魅力になります。

着物は再度仕立てができることから小さいサイズよりも大きいサイズの方が中古市場では需要があるので、サイズの方も気にしてみてください。
査定額は着物の状態でも大きく左右するので、シミやシワに気を付けてすることも大切です。

また、高く売るのなら、買い手選びがとても重要です。
伊勢木綿に対する知識が無い所に売ると思わぬ安値になる可能性も大きいでしょう。

その点、着物買取店ならその価値が分かるので安心です。

参考:伊勢木綿を買取りしてくれる店一覧

着物買取の店は訪問買取りや宅配による査定にも対応しているのでその手軽さも大きな魅力です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ