色留袖の買取り相場はオークションではいくらなの?

着なくなった色留袖をお持ちの方で処分を考えているなら売る事を視野に入れましょう。
色留袖を売るのなら、まずは買取り相場のチェックが重要になります。

ネットオークションで売る場合の買取り相場を調べてみると、平均6,800円程度でした。
中古の最高値は百貫華峰作の色留袖と袋帯のセットで295,000円で売る事ができています。
最安値は1円ですから中古の色留袖の価格帯は非常に広い事が分かります。
もちろんこの価格は目安に過ぎません。

色留袖を高値で売るのなら、その価値が分かる専門家のいる着物買取り専門店の無料査定を利用するのが良いでしょう。

参考:色留袖の着物を買取りしてくれる専門店一覧

着物の本当の価値は深い知識がなければ分からないので素人に売るのはやめておくべきです。

色留袖の特徴を徹底解説

着物には様々な種類がありますが、その中でも「留袖」という種類は礼装として使われるほど、高い格式を持っています。

留袖にも2種類があり、地色が黒い「黒留袖」とそれ以外の色が使われている「色留袖」があります。

黒留袖と色留袖は、それぞれ着用する人によって使い分けることが可能です。
例えば、既婚している女性であれば黒留袖、既婚している女性も独身の女性も着られるのが色留袖となります。

黒留袖は身内の結婚式やお宮参り程度の活用シーンとなりますが、色留袖は結婚式はもちろんのこと他にも格式高いお茶会やパーティーで着用できるため、主にフォーマルシーンで活用することができるでしょう。
色留袖には地模様がない縮緬が使われたり、地模様のある紋意匠縮緬、絹を使った綸子、光沢感のある朱子地などが使われることもあります。

同じくフォーマルシーンに着ていく着物として、「訪問着」があります。
色留袖と一見似ているように感じますが、色留袖と訪問着は模様の付き方に違いが見られます。

色留袖を含め、留袖は基本的に上半身に模様は付いていません。
下半身にだけ模様が付いていることが留袖の特徴と言えます。

一方で、訪問着は下半身はもちろん、上半身の部分にも模様が付けられています。

色留袖は様々な色合いが見られ、それぞれの色や模様によってかなり雰囲気も変わって見えます。
中でもパステルカラーは日本人の肌に馴染みやすい色なので、色留袖にもパステルカラーのアイテムが豊富に揃っています。

模様に関しては格式高い着物であるため、縁起の良い、おめでたい模様があしらわれていることが多いです。
例えば桐や雪輪、御所車、短冊、牡丹唐草など、大人の品位を保ちつつ華やかさのある模様が目立ちます。

着物に欠かせない和装小物ですが、紋の数によってどんなものを選ぶかも変わってきます。
五つ紋の場合は黒留袖と同じように、帯揚げや帯締めを白や金・銀に、草履やハンドバッグにも金・銀を取り入れて重厚感を出していきましょう。

三つ紋や一つ紋は略礼装になるので、和装小物も見合う色を取り入れれば良いですが、やはりあまり派手な印象のものを選んでしまうと浮いてしまう可能性があるので注意が必要です。

色留袖を高値で売るコツ

中古の色留袖を可能な限り高値で売るのなら、着物買取り専門店を活用してみましょう。
こういった専門店には経験豊富なプロの査定スタッフがおり、その真価を丁寧に鑑定してくれます。

参考:色留袖の着物を買取りしてくれる専門店一覧

もし高級素材が使われていたり、有名な染師による作品だったりした場合、高額査定も期待できます。
ぜひ、色留袖を売る際には着物買取り専門店に相談してみてください。