飯田紬の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

飯田紬の買取り相場はオークションではいくらなの?

野県飯田市が産地である飯田紬は、柔らかな風合いが魅力的で、女性に人気の高い紬でもあります。
そんな飯田紬を売る事を考えているのなら、まずは相場を知る事が大切です。
ネットオークションで売るケースだと、中古の最高値は飯田紬の単衣と名古屋帯のセットで125,000円です。
逆に最安値は帯締めが11円から出品されており、こういった小物が平均額を下げています。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

飯田紬を高く売るのなら、その真価を見極める事ができる着物買取店に見てもらうのがおすすめです。

参考:飯田紬を買取りしてくれる店一覧

店は無料で査定してくれるので、買取り額に満足なら売る事を考えてみましょう。

飯田紬の特徴を徹底解説

長野県は元々手引き糸の産地で、地域ごとに織物があります。
例えば松本市周辺地域で作られているのは「松本紬」、上田市周辺で作られているのは「上田紬」です。
同じく、飯田市周辺で作られているのが「飯田紬」となります。

飯田市で作られた飯田紬が商品として出荷するのは幕末になってからのことです。
飯田紬は基本的に手引き糸の中でも出荷できないような糸を自分達の服の為に織っていたもので、販売する着物を作っていたわけではないのです。

その後は玉繭から手引きされた糸を使った富田絹という商品が販売されるようになり、とても高い人気を得ました。
富田絹は京都まで運ばれると鮮やかな色に染められ、人気が出るようになったのです。

飯田紬で様々な織物が作られてきましたが、現在作られているのは素朴な色合いが魅力的な紬織物、そして白生地の生産だけとなっています。

一時期は艶やかな色味の飯田紬も多かったのですが、現在ではシンプルなものに戻ってきていると言えます。

飯田紬の多くは格子柄であり、飯田紬の特徴と呼べる部分でもあります。
これは飯田格子と呼ばれているほど飯田紬には欠かせない模様で、柔らかな色味と相まってどこか懐かしさが感じられる織物となっています。
染色は、飯田市内を流れる天竜川流域の植物を使っており、さらに鉄やミョウバンなどの媒染剤を使っています。

自生している植物で染料使われているのは柿やりんご、栗、よもぎなどが用いられており、自然の材料を使っているからこそ、色合いも柔らかなものに仕上げられると言えます。

飯田紬は絹糸で織られているため肌触りも良く、日常的に使いやすい着物です。

正装ではないため、あまり格の高い式などには着用することはできないものの、例えば友人同士で食事を楽しんだり、稽古に行ったりと、気軽なオシャレ着物としての着用がおすすめです。
ちなみに、使える季節は夏以外のスリーシーズンとなります。

夏は夏紬と呼ばれている専用の紬があるので、そちらを着用するのがおすすめです。

飯田紬を高値で売るコツ

飯田紬を高値で売るコツは、証紙も一緒に買取りに出すということが挙げられます。
証紙というのは「これは本物の信州紬です」と証明するための紙になります。
この証紙があるだけで価値もかなり変わってくる可能性が高いです。

また、着物に対する深い知識があるところに売る事も重要です。
その点、着物買取店には専門の鑑定士がいるので安心して任せられます。

参考:飯田紬を買取りしてくれる店一覧

こういった店は宅配での買取りや訪問査定に対応しているので人気を集めています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ