伊兵衛織着物買取り相場はオークションではいくらなの?

静岡県浜松市で誕生した伊兵衛織の着物を売る場合、どのくらいの相場になるのでしょう。

伊兵衛織の着物をネットオークションで売った場合の相場を調べてみると9千~2万円台と幅があります。
伊兵衛織は希少なので取引件数も少ないので、この価格はあくまで目安でしかありません。

ちゃんとした相場に沿った値段で売るには、着物買取り専門店が一番信頼できます。

参考:伊兵衛織の着物を買取りしてくれる専門店一覧

伊兵衛織の価値を良く分かっているプロの査定員が適性な価格を出してくれるでしょう。

無料査定をしてもらったからと言って、売る必要はないので、まずは買取り査定だけでもしてもらうのがおすすめです。

伊兵衛織の着物の特徴

伊兵衛織は静岡県浜松市にある旧家・高林家の屋敷で染織された絹織物です。
ざざんざ織に並ぶ静岡県の工芸品で、手織草木染が用いられています。

参考:ざんざざ織り買取り

かつて、浜松には庄屋が200もあり、殿様と会話ができた4軒のうちの1軒が高林家であり、当主が継ぐ「伊兵衛」の名が由来しているそうです。

先代伊兵衛は柳宗悦と共に民芸運動を進め、昭和6年に敷地内へ日本芸民間を建てました。
現在は東京駒場にありますが、民芸運動に関わる人物であるために当時は高林家に建てられていたのです。

また、先代伊兵衛は和時計のコレクターとも知られており、文化人や茶人とも交流がある多趣味の人物でした。

第二次大戦後は庄屋制度がなくなったため、本格的に手織の仕事の携わるようになったのです。

伊兵衛織は糸から染色、柄にも強いこだわりがあり、茶道や民芸からなる美を感じさせます。
使えば使う程味わいも増し、変化も楽しみの一つでしょう。

また、伊兵衛織の重さは通常の着物と比べて約1.5倍の重さですが、しっとりした肌触りが上質であるため愛好家から人気が高い織物となっています。

伊兵衛織では糸に玉繭を使用しています。

玉繭とは2匹の蚕が寄り合い1つの繭として形成されるもので、本来は出荷されることはありません。
この玉繭から手紡ぎして玉糸をつくり、その玉糸は通常の紬糸を比べて4倍もの太さがあります。

太めの糸は職人の手により多彩で鮮やかな色彩へと染めていくのです。

染色の工程は伊兵衛織にとって最も重要な工程である、シックな色合いから優美な色、調和する色などに染めていくことで、魅力的な紬が生まれています。
製織では遠州木綿を織る時に使われる手織機が使われ、織の流れはざざんざ織から受け継がれているようです。

参考:遠州木綿の買取り

手織りなので機械とは異なる風合いがあり、個性的な色使いも多くの愛好家を魅了しています。
紬つくりにも強いこだわりがあり、シワが残りにくく、冬場も温かいので一年中着用できる機能性も持ち合わせた着物です。

なお、玉糸の供給を受けていた愛知県豊橋市の玉糸工場が閉鎖し、さらに2013年には国産玉繭の在庫もなくなってしまい、伊兵衛織は生産の危機に瀕しました。

海外産の玉繭を使ってしまっては伊兵衛織ではないという信念から、惜しまれながらの生産終了です。

肌触りや機能性、個性豊かな色合い、そして希少価値の高さから伊兵衛織は現在でも高い人気を誇り、中古市場でも需要の高い着物となっています。

なので、中古買取りでもなかなかの買取り価格で売る事が可能な着物でしょう。

伊兵衛織の着物を高値で売るコツ

伊兵衛織の着物を高値で売る場合、保存状態の良さが価格を左右します。
着物は湿気により劣化してしまうため、あけ風を通して定期的に湿気を取り除いて保管することが大切です。

また着物専門の買取り店を利用するのも、高額買取りのチャンスにつながります。
着物に関する知識が豊富なスタッフによる査定なので、納得した価格で売る事ができるでしょう。

参考:伊兵衛織の着物を買取りしてくれる専門店一覧

ケースにもよりますが、たいていのリサイクルショップには着物の専門家がいませんので注意が必要です。
着物の専門家に買取り査定してもらい、売るか売らないかの判断をするのがおすすめです。