細見華岳の着物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

細見華岳の買取り相場はオークションではいくらなの?

人間国宝である細見華岳の着物を売るのならまずは買取り価格のチェックです。
ネットオークションで細見華岳の作品を売る場合を調べると、中古の最高値は八寸名古屋帯が147,000円で買取りされています。
逆に最安値は帯締めが7,000円からあります。
もちろんこれらの値段は目安に過ぎません。

細見華岳の着物を高く売るのなら、その本当の価値が分かる着物買取店に鑑定してもらうのが安心です。

参考:細見華岳の着物を買取りしてくれる店一覧

店は無料で査定してくれるので満足な値段がついたら売る事を考えてみると良いでしょう。

細見華岳の特徴を徹底解説

細見華岳は綴織の人間国宝でもあり、着物業界において非常に人気のある着物作家です。
着物以外に帯や帯締めなども手掛け、独自のインスピレーションにより緻密な色・柄が展開されています。

細見華岳は1922年に兵庫県丹波市で生まれ、昭和初期から西陣の機屋で織物修業に努めてきました。
戦中は満州へ徴兵されたため創作を断念し、敗戦後はシベリアに拘留されるなど、様々な苦労を重ねることになります。

しかし、1948年に無事日本に帰国することができ、染織の作業再会を果たします。
人間国宝にも認められた喜多川平朗や森口華弘により真摯な姿勢や人柄が認められ、指導を受けました。
1963年以降は名誉ある各賞を受賞し、これまでの西陣の綴れ織を覆す華麗で上品な作品を創作し続けます。
1997年に「綴れ織」分野で唯一の人間国宝に認定され、作品の価値だけでなく歴史的・技術的に有用性のある人物であることから、強い感心が寄せられました。

細見華岳が生み出した数々の作品は、音楽のようなリズム感があり光に反射して輝くようなどこか絵画のような印象があります。
綴れ職人としての巧みな技は、芸術の域を越えた奥深さと尊さを思わせる作品とも言えるでしょう。

細見華岳を高値で売るコツ

中古市場でも高額で取引されることの多い細見華岳の着物は、そのまま売却しても高価買取りが期待できます。
しかし、さらに高値で買い取ってもらうには汚れやシワ、虫食いなどがないか確認しておく必要があります。
証紙やたとう紙があれば一緒に査定してもらうことも重要です。

また、買い手に細見華岳の価値が分かる者を選ぶことも大切です。
その点、着物買取店には着物への深い造詣がある査定員がいるので安心です。

参考:細見華岳の着物を買取りしてくれる店一覧

店は訪問買取りや宅配による査定に対応しているので忙しい方にもおすすめd

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ