本塩沢の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

本塩沢の買取り相場はオークションではいくらなの?

着ることがなくなった本塩沢の着物や反物を売る際には、買取り相場を知っておく事が大切です。
本塩沢をネットオークションで売る際の相場を調べてみると、平均1万円程度で買取りされています。
中古の最高値は銀座もとじの本塩沢で135000円で売る事ができています。
逆に最安値は1円からありますので、価格の幅いが非常に広いと言えるでしょう。
もちろんこの数字は目安に過ぎませんのでご注意ください。

本塩沢を高く売るのなら、着物への知識のある買い手に売るのが一番です。
着物買取店なら、専門知識豊富な査定員が無料でその真価を判断してくれるのでおすすめです。

参考:本塩沢の着物を買取りしてくれる店一覧

本塩沢のみならず着物全般への知識豊富な鑑定士が丁寧に見てくれます。

本塩沢の特徴を徹底解説

本塩沢は新潟県南魚沼市で生産されている織物です。
この地方では麻織物や絹織物の生産が盛んに行われており、塩沢紬や夏塩沢、越後上布などの絹織物でも多く知られています。

では、「塩沢お召」という名で親しまれている本塩沢の歴史を確認していきましょう。

越後地域では、約1200年も前の奈良時代頃から麻布が織られていたと言われています。
雪が多い地域となり乾燥に弱い麻織物にとっては最適な環境だったのです。

越後地方では越後上布が古くから織られていたのですが、本塩沢は越後上布の技術の中から生まれた織物で江戸時代頃から織られていたという一説があります。
現在は経済産業省指定伝統的工芸品にも指定され、多くの着物愛好家に親しまれています。

そんな本塩沢の特徴と言えば、やはりシボです。
生糸を使用して緯糸に強い撚りをかけて織ったあとに湯の中で揉みこむことでシボを出していきます。
絣糸の染色方法としては、手括り・手摺込み・板締め・型紙捺染によって染められ、細かい十字の模様や亀甲絣の模様で織りあげられた着物がシボと合わさることで優美さを出し、落ち着いた雰囲気を与えてくれます。

続いて制作工程を確認していきましょう。

  1. 設計
    糸の長さや絣の位置などを正確にきめて絣定規を作ります。
  2. 撚糸
    規格に沿って撚りをかけていきます。
  3. 付け、くびり
    絣定規を使用して模様の位置に墨をつけます。
  4. 摺込み
    墨付けされた部分にヘラを使用して染料を摺込み蒸気によって色を定着します。
  5. 強撚糸
    シボを出すために上撚りをかけて強撚糸を作ります。
  6. 織り
    高機と呼ばれる織機を使用して織っていきます。
  7. 仕上げ
    汚れや糊を落として湯もみを行いシボを出していきます。

上記のような作業を丁寧に行って本塩沢は完成しますが、独特なシャリ感で軽さのある着物は普段使いに最適で、単衣であれば夏の終わりや秋にも活用できる着物となっています。

シワにもなりにくいので1枚持っているだけで大いに活用してくれるでしょう。

本塩沢を高値で売るコツ

歴史のある本塩沢は伝統工芸品となっているので高値で売る事が可能でしょう。
タンスにしまっていた状態が長いとカビやシミ、虫による穴あきなどの心配があるので、買取りを依頼する前には必ず状態の確認を行うことが大切です。

高く売るのならやはり着物買取店が安心です。

参考:本塩沢の着物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は宅配査定や訪問買取りにも対応しているので本塩沢を売る際、大変重宝します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ