半幅帯の買取り相場はオークションではいくらなの?

着物だけではなく浴衣にも使用できる帯として人気のある半幅帯。
半幅帯を売るのならまずは買取り相場をチェックしておきましょう。
ネットオークションでの買取り相場を調べてみると、平均1800円程度とっています。
中古の最高値は南部しぼり紫根染の半幅帯が5万円、最安値は1円と値段の幅が非常に広いです。

もちろんこの値段は目安に過ぎません。
半幅帯は値段の幅が広いので専門の鑑定士のいる着物買取り専門店に無料査定してもらうのがおすすめです。

参考:半幅帯を買取りしてくれる専門店一覧

鑑定の結果の提示額に満足ならば売る事を考えてみましょう。

半幅帯の特徴を徹底解説

袋帯や名古屋帯などは帯幅が8寸であることが標準となっていますが、半幅帯はその名の通り帯幅が約4寸と半分ほどの幅となっていることが特徴です。
8寸の帯であれば半分に折り曲げてから体に巻いていくのですが、半幅帯はそのまま使用できるので、様々な帯結びを楽しめるとあり、着物を手軽に楽しみたいと考える女性に人気の帯となっています。

長さを見てみると、約360~400cmが一般的となっており、名古屋帯よりも長さのある帯となっています。

近年はデザイン性が高くなっており、花柄やドット、幾何学模様やリバーシブルなど、バリエーション豊かなデザイン性のある帯が豊富にあるので、着物に合わせて自分好みにアレンジすることができます。

また、半幅帯は適度な長さのある帯なのでリボン結びのアレンジがしやすい魅力もあります。
帯締めや帯揚げがなくても結べる手軽さもあり、身体の正面で形を作り、出来上がった際に腰の方へ180度帯を回すことで着物初心者であっても手軽に帯締めを行うことができるでしょう。

半幅帯はウールの着物や紬や絣などに合わせやすく普段着として活躍できます。

着物であってもカジュアルな装いとなるので、フォーマルな場には不向きと言えますが、他の人とは違った特徴的なコーディネートを着物で楽しみたいと考えている人にとって半幅帯は最適と言えるでしょう。

また、半幅帯は着物ではなく浴衣にも活用できます。
定番の文庫結びやリボン返し、ボリュームのあるカラテア結び、座り姿勢でも崩れにくいとされる吉弥結びや三重紐を使用してアレンジできるパタパタ結びなど、さまざまなアレンジ方法があるので浴衣のデザインに合わせて自分好みに帯締めを行えるでしょう。

ボリュームのあるアレンジをしたい場合には、長さのある帯であることが鉄則です。

着物だけではなく浴衣にも合わせやすい半幅帯は、オールシーズン使用できるというメリットがあります。
バリエーション豊かな半幅帯であれば、個性的な着物の着方を楽しめるので日常的に着物を取り入れる際にも大いに活用できます。

半幅帯を高値で売るコツ

着物や帯は素材やデザインによって買取り価格が変動することがあります。
帯の状態によっても価格が変動する可能性があるので、保存状態に気を付けて管理をすることが大切です。

高値で売るには、半幅帯の価値が分かる目利きに見てもらうのが一番です。
着物買取り専門店には着物への造詣の深い目利きがいるのでまずは無料で査定してもらいましょう。

参考:半幅帯を買取りしてくれる専門店一覧

こういった専門店は宅配での買取りや訪問査定に対応しているところも多い為、非常に便利です。