浜縮緬の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

浜縮緬の買取り相場はオークションではいくらなの?

高級な生地として知られている浜縮緬がタンスに眠っている方も多いのではないでしょうか。
浜縮緬を売る事を検討しているのなら、まずは買い取り相場を知っておきましょう。
ネットオークションで売る場合、平均相場は11万円程度になっています。
中古の最高値は江戸小紋の袷で42,500円で売る事ができています。
他方、最安値は41円からあるので、価格の幅が非常に広い事が分かります。
もちろんこの値段は目安に過ぎませんのでご注意願います。

浜縮緬を高値で売るのなら、その価値が分かる鑑定員のいる着物買取店に見てもらうのが良いでしょう。

参考:浜縮緬を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は丁寧にその価値を見極めてくれるので重宝します。

浜縮緬の特徴を徹底解説

浜縮緬は絹織物で、表面に凸凹模様のシボが特徴的であり、大阪の堺に職人が渡来して伝わった織物です。

中村林助と乾庄九郎によって、浜縮緬を始めたのがきっかけとされています。

縮緬の言葉の由来は、布の表面の細かい縮みを「ちぢめん」と呼び、それが変わって「ちりめん」になったのではないかと言われています。

浜縮緬の原料となる生糸は、天然繊維の中でも唯一繊維が途切れずに長いものだけが使用されていて、この繊維から光沢や輝きが放たれることで、生地が輝いているように見えるのが特徴です。
着物や風呂敷、ふくさなどの日本を象徴するような品物に多く使用されていました。

最近では浜縮緬の輝きや生地の美しさに注目されてウェディングドレスやストールなどの洋装にも使用されています。
白生地の最高級品である浜縮緬には、生地の心地よさだけでなく、生地そのものの美しさという魅力もあります。

他の縮緬と比較しても厚地で質が良く、生地の存在感があるのが特徴です。
また、そのままの白生地でも気品があるのが魅力です。

浜縮緬を高値で売るコツ

縮緬の二大生産地として知られている浜縮緬を、少しでも高値で売るには、買い手に着物に対する豊富な知識がある事が重要です。
リサイクルショップなどで売る事を検討しているのなら、着物の事が分かる人がいるかどうかをしっかり調べましょう。

着物買取店なら浜縮緬のみならず着物全般への深い知識を持った鑑定士がいるので安心です。

参考:浜縮緬を買取りしてくれる店一覧

訪問での買取りや宅配での査定にも応じてくれるので便利です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ