八王子織物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

八王子織物の買取り相場はオークションではいくらなの?

東京の八王子市周辺で生産されている八王子織物を売るのなら、まずはその相場を知る事から始めましょう。

ネットオークションで八王子織物を売る際の価格を調べてみると平均5,000円程度で買取りされています。
中古の最高値は男物の着物が24,000円で売る事ができています。
逆に最安値は1円からありますから価格の幅が激しいです。
これらの値段は目安に過ぎませんのでご注意ください。

八王子織物を高く売るのなら、その真価がしっかりと理解できる着物買取店に見てもらうのが安心です。

参考:八王子織物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は無料で査定をしてくれるので鑑定額に満足なら売る事を考えてみましょう。

八王子織物の特徴を徹底解説

八王子織物とは、東京都八王子市周辺で作られている絹織物で、主に5つの種類に分類することができます。

・多摩結城

八王子織物の中でも特徴的なシボを持っている織物です。

参考:多摩結城買取り

・風通織

織地を2枚重ねにすることで模様を作る織物です。

・紬織

撚りをかけた丈夫な糸で仕上げているので、独特の風合いが楽しめる織物です。

・捩り織

2本の経糸を捩りつつ緯糸と織り込んでいて、糸と糸の間にわずかな隙間が見られる織物です。

・変り綴

様々な配色の緯糸を使って模様を作り出す織物です。

それぞれを総称して八王子織物と呼ばれていますが、現在は「多摩織」と呼称されており、経済産業省からも多摩織として日本の伝統工芸品指定を受けています。

八王子織物の特徴としては、八王子周辺で生産されていた生糸や玉糸、紬糸を使って織られているため、肌触りに優れていたり、シワになりにくかったり、着ていてもほとんど重さを感じる軽く着こなせるなどの特徴が挙げられます。

元々、平安時代から八王子周辺の地域では絹織物が既に作られており、室町時代になるとこの地域を訪れた北条氏が八王子織物を奨励したことによってさらに生産量が増えていきました。

江戸時代末期に入ると八王子織物の分業化が進み、養蚕業と製糸業、織物業は分業されていきます。
分業したことによって生産効率が向上し、さらに仲買人が登場したことで流通も盛んになっていきました。

大正時代に入ると男性は洋服に召し物が変わっていきました。
元々八王子織物の主体は男性物の着物だったため、ここに来て流通量が減ってしまったのです。
しかし、八王子織物の職人達は女性物を手がけたり、この頃男性の間で流行していたネクタイを八王子織物で作ることによって販売ルートを広げていきました。

結果的に、現在でも八王子は日本有数のネクタイの産地として知られています。

八王子織物は夏物上布や着物地以外にも、ネクタイやマフラー、スカーフ、ストールといったファッショアイテムや傘地などの雑貨織物も手掛けるようになっていきました。

今でも素材や作り方はほとんど変わらずに、八王子織物ならではのアイテムを作り続けています。
時代の波をうまく掴みながら、八王子織物の繊細さはしっかりと残しながら現代に伝わっているのです。

八王子織物を高値で売るコツ

八王子織物を高値で売るなら、まずは「証紙」があるかどうかを確認してみましょう。
織物は産地を鑑定するのは非常に難しく、本物かどうかの見分けがつきにくいアイテムです。
証紙があることによって本物であると認められ、高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

また、高値で売るのなら買い手に専門知識がある事も大切です。
その点、着物買取店なら着物への深い知識を持った鑑定員が丁寧にみてくれるのでおすすめです。

参考:八王子織物を買取りしてくれる店一覧

店は訪問査定や宅配での買取りにも対応しているのでその利便性の高さでも人気を集めています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ