五嶋敏太郎の中古はどれくらいで売れる?

五嶋敏太郎の着物の中古価格は、ネットオークションでは9000円程度

無形文化財・人間国宝でもある五嶋敏太郎氏が製作監修した着物は、中古価格にするとどれくらいの価格で売られているのでしょうか?
ネットオークションで相場を調べてみると、出品数は少ないものの約9000円程度で出品されていることが分かりました。

製作した着物自体の数が少ないため、相場もあくまで目安でしか判断できませんが、この価格を見ると、やはり中古になってしまうと五嶋敏太郎氏の着物も安価になりやすいと言えます。

特にネットオークションでは出品しても売れないと意味がないので、安く設定する必要もあり、高値で売れないのが現状です。

五嶋敏太郎の着物の特徴

五嶋敏太郎氏は元々着物よりも帯締めを制作し続け、衣料品では始めての無形文化財の指定を受けていた人物として知られています。

着物にも帯締めを作られる際にみられる繊細なデザインが施されており、細かい紋様は遠目では分かりませんが、近くで見ると紋様の細かさに気付くことができ、その繊細さに驚いてしまいます。
五嶋敏太郎氏が着物を制作したのは昭和を過ぎてからなのですが、それでも今も変わらず様々なシーンで着こなすことができるデザイン性の高さは、昔から愛されています。

そんなデザインや色の選び方は、帯締めにもセンスが光ります。

五嶋敏太郎氏は明治12年に東京の日本橋で誕生しました。
その後12歳で帯締めや羽織紐を取り扱っている製造問屋に入って仕事を始めます。
昭和13年に独立を果たし帯締め制作を続けていきました。

その後、昭和35年には無形文化財の指定を受け、その3年後には自分が作った作品が全て集録されている全9巻にも及ぶ「組糸集鑑」を発行し文化庁に納めました。

昭和42年に亡くなられてしまいましたが、今も五嶋敏太郎氏の作り出した「五嶋紐」は、弟子たちによって受け継がれています。

五嶋紐の特徴と言えば、何と言っても使い心地の良さです。
素材に絹糸を織り込むことで、紐を締めた時になる「キュッ」という絹の鳴く音と、絹によって作り出される肌触りの良さは、何度も着用したくなる使い心地となっています。

また、長時間締めていても普通に着こなすことができます。

帯締めを長く付けているとどうしてもキツくなり疲れてしまうのですが、五嶋紐ではそのような疲労感は出ません。

さらに、デザインはきちんと着こなさなくてはならないようなフォーマルなシーンでも、友人と買い物に出掛けたり普段過ごしたりする時など、自由に着られるカジュアルシーンでも、マッチするようなデザインや色を使っています。
この帯締めの特徴が、着物にも活かされているのです。

現在、五嶋紐を活用して作られた帯揚やバッグ、数寄屋袋などの小物も販売されています。
どのアイテムも五嶋紐の繊細で色鮮やかなデザインが施されており、手に取る人を選ばない、誰にでも合うようなものが多く揃っています。

五嶋紐と合わせて使用するとより一層華やかに見えるでしょう。

五嶋敏太郎の着物を高値で売るコツ

五嶋敏太郎氏の着物を高値で売るためには、やはり傷や汚れが少ない方が良いと言えます。
また、落款がきちんと縫ってあるものは、五嶋敏太郎氏が監修した着物である証にもなるので、落款があるかどうか確かめてみましょう。

さらに高値で売りたい場合はネットオークションではなく、着物専門買取業者に相談してみると良いでしょう。

着物専門買取業者では、何着もの着物を査定してきたプロの査定士が本当の価値を探っていきます。
しかも売る時はその場ですぐに買い取ってもらうことも可能なので、ネットオークションのような面倒な手間も必要ありません。
もし、売りたいと考えている方は、着物専門買取業者へ問い合わせてみましょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ