振袖の買取り相場はオークションではいくらなの?

成人式や結婚式で着用することがある振袖。
もう着る機会がなく売る事を考えている方も多いでしょう。

振袖を売るのならまずは買取り相場のチェックから始めましょう。
ネットオークションで売る場合の振袖の買取り相場は平均5,900円程度です。
中古の最高値は久保田一竹の振袖で100万円で売る事ができています。
他方、最安値は1円と値段の幅が非常に広いです。
もちろんこの値段はあくまで目安に過ぎませんのでご留意ください。

振袖を高値で売るのなら着物買い取り専門店に無料査定してもらうのがおすすめです。

参考:振袖の着物を買取りしてくれる専門店一覧

振袖だけではなく、着物全般への深い知識を持った鑑定士がその価値を丁寧に判断してくれます。

振袖の特徴を徹底解説

振袖は袖付けから袖下まであいた振りがあり、他の着物に比べて袖が長いのが特徴的です。

一般的に成人式や結婚式など未婚の女性が着用するものですが、本来は若い女性が着用する着物であり、ある程度の年齢を迎えると着用しないことから、若い未婚女性が着る着物とみなされるようになりました。
ただ、例外に演歌歌手や芸能人などは年齢や既婚問わず、振袖を着て表舞台に立つことも珍しくはありません。

未婚女性が着る着物の中では最も格式が高く、華やかな色彩やデザインが充実しており、フォーマルなシーンにぴったりです。

振袖は袖丈によって3つの種類があり、また着用シーンも少し異なります。

・大振袖

袖丈が114cm前後あり、振袖の中で一番格式の高いものになります。
以前は5つの家紋をかかげる五つ紋が入っていますが、現在は省略されるものも多いです。
模様が大胆にあしらわれたものから色無地と様々なデザインがあり、地につきそうな程長い袖は気品や艶があり、上品な美しさを演出してくれるでしょう。

古くから婚礼衣装として定番であり、現在もお色直しの衣装として人気です。

・中振袖

袖丈が100cm前後あり、大振袖の次に格式が高い振袖です。
成人式の晴れ着として用いられることが多き、また披露宴やパーティのお呼ばれ、卒業式、結納などのシーンにも着用されています。

・小振袖

袖丈が85cm前後あり、二尺袖と呼ばれることもあります。
袖の長さが振袖の中で最も短いことが大きな特徴で、動きやすい着物です。
短い袖なので上記の着物よりも可愛らしい雰囲気があります。
主な着用シーンは卒業式で着用する卒業袴です。

デザインが充実している振袖ですが、礼装なので柄は縁起の良いものが中心です。
振袖に使われ代表的な模様と意味を少しご紹介しましょう。

・松竹梅

青々とした松と竹、可憐な梅の花があしらわれた柄です。
中国の歳寒三友という画題から日本から伝わった組み合わせで、中国では清廉潔白とされています。
日本では苦難を耐えては開花する梅の花の様子がおめでたい印象なので、祝いのシーンで使われています。

・椿

年中美しい葉をつける椿は生命力の高さから、平安時代に魔避けとして認知されていました。
花がまるごと落ちるので縁起が悪いと言われますが、魔避けの意味として振袖に取り入れられているようです。

・手まり

華やかな色彩や可愛らしい丸い形は着用する人の愛らしさを引き立てます。
「万事全て丸くおさまりますように」という願いを込めて振袖の柄に用いられるようです。
また、以前は嫁に行く娘に魔避けに手まりを持たせる習慣があり、その意味でも柄に使われています。

他にも桜や菖蒲、鶴、うさぎなど振袖の華やかな模様には幸福の祈りが込められていたり、着用者の魅力を引き出してくれたりする柄があります。

振袖を高値で売るコツ

正絹の振袖や希少な振袖、有名デザイナーの振袖、アンティーク振袖、人気の柄や色の振袖だと高価買取りを狙いやすいです。
また、それ以外の振袖でも品質状態が良いと想像以上の価格で売る事ができるので、保存状態に気を付けましょう。
また、どこで売るかも大切です。
リサイクルショップで売るのなら着物に詳しい人がいるか必ずチェックしましょう。

着物買取専門業者なら着物への知識を有した鑑定士が見てくれるので、高価も狙いやすいです。

参考:振袖の着物を買取りしてくれる専門店一覧

こういった専門店は無料で査定してくれるので気軽にその真価を知る事ができます。