藤井寛の着物買取相場はどれくらい?-高額で売るコツ

【藤井寛の着物を高く売る】おすすめ着物買取店3選

藤井寛の着物を高値で売るのならまずは大手の着物買取店に相談してみましょう。
無料で査定をしてくれる上にキャンセル料もかからないので気軽に見てもらえます。

1、バイセル

1ヵ月で2万件以上の相談がある人気店

テレビCMでもおなじみのバイセルでは、宅配・出張・店頭3つの買取方法があります。
着物以外にも帯・反物・小物まで一緒に売ることができるのも魅力。
お手持ちの藤井寛の着物も無料でみてくれます。

出張買取 宅配買取 対応地域

※送料無料
全国
※季節事情または一部地域は出張が難しい場合もあり


バイセル公式サイト

2、福ちゃん

幅広い買取が魅力

買取実績が100万点以上ある福ちゃん。
豊富な実績と信頼性の高さが特徴です。

また他社で断られたシミや汚れやキズがついた着物の買取実績も豊富。
藤井寛の着物をお持ちならぜひ相談してみましょう。

出張買取 宅配買取 対応地域
※送料無料 全国

福ちゃん公式サイト

3、着物買取プレミアム

丁寧に査定してくれるのが魅力

日本全国対応なので地方の方にも便利なお店。
出張だけでなく宅配、持ち込みにも対応しています。

また、女性査定員がいますから、男性の査定員が自宅に来ることが嫌な方にもおすすめです。

出張買取 宅配買取 対応地域
※送料無料 全国
※季節事情または一部地域は出張が難しい場合もあり


着物買取プレミアム公式サイト

藤井寛の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

藤井寛の着物を売るなら、まずはその相場を知る事が大切です。

ネットオークションで売る際の藤井寛の相場を調べてみると、平均59,000円程度です。
中古の最高値は20万円で買取りされた着物もあります。

もちろんこの価格は目安に過ぎません。
ネットオークションでは売る際の価格にバラツキがある為、着物専門買取り店に査定してもらうのがおすすめです。

藤井寛の着物の特徴

藤井寛は、昭和10年生まれで京友禅の下絵師の父のもとで幼少期から着物と深い結びつきがありました。

学生の頃から友禅に携わる作業をしていましたが、大学を卒業してから独学で手描き友禅を築き、下絵・染め・仕上げまで着物を作り上げる工程を担う職人作りから養成する覚悟を持って独立をしたのです。

その後、伝統的工芸品産業功労者褒賞や経済産業省製造産業局長賞などの賞も受賞しています。

更に、後世にも手描き友禅の魅力が引き継がれるよう京都市にある日蓮宗法音寺京都別院・法輪寺本堂に手書き友禅の天井画を奉納しました。

桜や楓などの式の花々や、ナスやへちまなどの野菜の図柄で構成され、その美しさに魅了される人々が多く、観光地としても有名です。

藤井寛は手がける作品の柄の特徴としては、古典模様です。
奥ゆかしい優々たるデザインで華やかさのあるグラデーション、富宏染工ならではといったロイヤルカラーで飽きのこない伝統的なデザインが現代の女性の心にも響く美しい着物となっています。

藤井寛が手掛ける着物は富宏染工で作られますが、職人たちがひとつひとつ手作業で作業を行い、下絵から仕上げまで14~15の工程を1人職人が手掛けるのではなく分業して作られています。
複数の職人の手が加わり完成させることで深みが増しクオリティの高い仕上がりとなるのです。

工程の手順は以下の通りです。

  1. 図案作成
  2. 下絵
  3. 紋糊置き
  4. 糸目
  5. 地入れ
  6. 挿し友禅
  7. 手差し地染め
  8. スリひった入れ
  9. 蒸し・水元
  10. 湯のし
  11. 金箔加工
  12. 刺繍加工
  13. 地直し
  14. 仮絵羽
  15. 上げ絵羽

挿し友禅では通常筆を使って作られますが、富宏染工では刷毛を使って染め上げています。

細かな柄も10種類以上の刷毛を使用することで、繊維のより深くまで染め上げることができ、美しい深みのある色合いとなるのです。
また、蒸したあとの水元の工程では京都の地下水を使用しています。

様々な工程を重ねることにより、藤井寛が手掛けた美しい着物が出来上がります。

藤井寛の着物を高値で売るコツ

藤井寛の着物の本当の価値は深い知識が無い人には理解できません。
ネットオークションには素人も参加するため、値段も不安定になりがちです。

安定した高値での買取りをめざすなら着物専門買取り店がおすすめです。

藤井寛はもちろん、着物全般に対する知識の豊富な査定員がていねいにその価値を鑑定してくれます。

参考:藤井寛の着物を買取りしてくれる店一覧

高値で売るコツは、証紙や証明書を事前に用意しておくこと。
汚れがあっても対応してくれるお店も多いので、とりあえず査定に出してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ