ゑり善の着物の中古価格は、ネットオークションでは68,000円程度

ゑり善の着物を売りたいと思った時、誰もが中古価格の相場を気にするでしょう。
ネットオークションでゑり善を打った場合の相場を調べてみると、平均相場は約68,000円となっています。

しかし、これはネットオークションの相場であり、正式な中古価格の相場と断定することは難しいでしょう。
ネットオークションの場合は出品者が初期の金額を設定でき、欲しい人同士が入札することで金額が上がってきます。
入札者が少なければ買取価格も少なくなり、また高額に設定しても売れない可能性があるでしょう。

このことから、ネットオークションで確実に高額買取を狙うことは避けた方が良いかも知れません。

ゑり善の着物の特徴

京都には数々の呉服店がありますが、京都を代表する老舗呉服店が「ゑり善」です。
こちらの呉服店は天正12年(1584)年から創業され、京都だけではなく東京や名古屋にも拠点があり、全国的にも知名度が高く人気があります。

明治時代は特に繁盛しており、夏目漱石の漱石日記や幸田露伴の辻浄瑠璃にもゑり善の名前が登場しているようです。
大正から昭和初期は半襟が人気であり、ゑり善の半襟は全国各地から求められました。

戦後は華麗な装飾が施された半襟よりも、白色無地のものへシフトしたようです。
同時に、この時期は高技術の半襟刺繍職人も減ってしまいましたが、ゑり善は現在でも伝統技術や技法を活かして着物などをつくりだしています。

ゑり善の着物は京都ならではの上品さや気品といった美意識、さらに高度な伝統技術により高品質な着物が数々あります。

フォーマルなものからオシャレなデザインの着物が多く、他にも風呂敷やタオル、ハンカチなどの小物も非常に人気で、着物や帯と合わせて購入される方が多いようです。

また、季節限定の着物も揃えており、品ぞろえが豊富なところも人気の理由なのでしょう。

ゑり善では上品な着物も人気ですが、半襟も古くから人気があります。

半襟とは長襦袢の襟に縫いつけることにより、襟の汚れを防ぐ小物です。
汚れの防止だけではなく、顔映りや着物の見栄えも左右するアイテムだと言えるでしょう。

半襟には白無地や刺繍無地、色無地、ビーズなど様々な種類があり、ニーズの応じて選ぶことができます。

ゑり善では伝統技術にこだわっているので、京刺繍の半襟もおしゃれで人気が高いです。

半襟は伊達襟とも混同されることが多いですが、伊達襟との違いは大きさや仕立て方です。
半襟の場合は長さが100~110cm、巾が約16cmの1枚布で作られています。

一方、伊達襟の場合は長さが120~130cmと長く、逆に巾が11cmと短いです。
さらに裏地がついているので厚みがあり、両面使いもできます。

表面の色使いも発色が良いものが多く、半襟はそれよりも淡白さがみられます。

なお、ゑり善は京都の呉服店なので京友禅が中心ですが、結城紬や大島紬をはじめ伝統織物も多く取り扱っています。

伝統織物には京友禅とは異なる魅力があり、そのような商品を購入できるのもゑり善が着物愛好家に支持される理由なのでしょう。

定期的に展示会も開催しており、展示を通して着物やゑり善の魅力が伝わると多くの人から人気を得ています。
多くの人々を魅了するゑり善の着物は、伝統技術や文化を受け継ぎつつ、これからも現代に適した新しい商品が登場するでしょう。

ゑり善の着物を高値で売るコツ

ゑり善の着物は伝統技術を使って美しく上品な着物なので、愛好家からも人気があり、中古市場でも需要が高いことから相場はなかなか高額です。

中古でも求められるので比較的に高く売れますが、包装や落款、証紙などを一緒に提出するとより価値も上がるでしょう。
そして、買取価格を高額のするポイントは、着物専門買取業者へ査定と買取を依頼しましょう。
専門買取業者であれば、正確な価値から買取価格を提示してくれます。

軽いシミやシワがあっても買取対象となる業者も多いので、安心して高額買取してもらうことが可能です。
ゑり善の着物を売る時は専門買取業者を利用しましょう。