遠州織物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

遠州織物の買取り相場はオークションではいくらなの?

遠州織物が家のタンスに眠っているのなら売る事を検討してみましょう。
ネットオークションで遠州織物を売るケースを調べると、中古の最高値は単衣の着物が5,000円です。
最安値は950円からあります。
もっとも出品数そのものが非常に少ないため、これらの数字は目安に過ぎません。

遠州織物を高値で売るのならその真価が分かる着物買取店に鑑定してもらうのが安心です。

参考:遠州織物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は無料査定をしてくれるので買値に満足なら売る事を考えると良いでしょう。

遠州織物の特徴を徹底解説

遠州織物は、静岡県西部にある遠州地方で主に作られている着物を指します。

参考:静岡で着物を売る

遠州地方は元々大阪の泉州や愛知の三河と並ぶ、三大織物産地の一つでもあります。

そもそも遠州地方は江戸時代から綿花の産地として知られており、多くの農家では綿花の栽培だけではなく、副業のような形で綿を使った織物の生産も行っていました。

しばらくは農家が個人的に行っているものだったのですが、徐々に織機や染色の技術が発達していき、地元の繊維産業が盛んになったことで、綿花の産地だけではなく、綿織物の産地で知られるようになっていったのです。

遠州織物は、糸から反物にしていく過程の中でいくつもの作業を分業化し、それぞれ高度な技術を持った職人が担当することで、最高の素材を使った最高の生地を作ることを特徴としています。

品質の良い綿素材、さらに職人によって一つひとつ丁寧に作られていった反物はどうしても高級になりやすく、低価格の海外製品が輸入されるようになってからは他の織物産業と同様に市場規模の縮小を余儀なくされてしまいました。

しかし、それでも遠州織物は海外製品とな異なり、肌触りの良い質感と、使えば使うほど肌に馴染み、風合いも素敵になる生地となっているため、近年では再びニーズが拡大しつつあるのです。

日本国内はもちろんですが、海外でも評価を受け、有名ブランドの生地に遠州織物が採用されるようになりました。
そのため、最近では着物だけではなく洋服やカバン、タオル、カーテンなど、様々な衣類に活用されています。

遠州織物の工程は経糸を整える整経から始まり、糸を毛羽立たせないための糊付け、手作業で全て準備しシャトル織り機を使って生地を織り上げていく織布の作業を行っていきます。

生地が全て織り上がったら今度は糊を取り除き、染色を行って生地の完成です。

これらの工程は分業となっているため、各工程ごとに企業や工房が設けられており、それぞれの職人が丁寧に作っていることになります。
これだけ手間をかけていることもあり、遠州織物自体の価格も高めです。

ですから、遠州織物が中古品であってもそれなりの価値が付きやすいということにもなります。
特に、状態がかなり良ければ高く売る事が可能になるでしょう。

遠州織物を高値で売るコツ

遠州織物自体の価値が高いことをご紹介してきましたが、さらに高値で売るためには中古であっても良い状態にしておく必要があります。
例えば、最低でも年に1回は虫干しを行ったり、長時間日に当たらないように保管したりするようにしましょう。

また、遠州織物のみならず着物全般への深い知識を持った着物買取店に見てもらうのも高値で売るコツです。

参考:遠州織物を買取りしてくれる店一覧

店は訪問査定や宅配での買取りに対応しているのでその便利さでも人気を博しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ