遠州木綿の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

遠州木綿の買取り相場はオークションではいくらなの?

伝統的な柄が特徴の遠州木綿の着物を売る事を考えている場合は、まずは買取り相場をチェックしておきましょう。

手軽に利用できるネットオークションで遠州木綿を売るケースだと、平均2,200円程度で落札されています。
中古の最高値は着物が23,000円、最安値では1円から浴衣が出されており、価格の幅が非常に広いです。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎません。

遠州木綿を高値で売るのなら、着物に対する深い知識を持った着物買取店に見てもらうのが安心です。

参考:遠州木綿の着物を買取りしてくれる店一覧

この手の店は無料査定をしてくれるので、提示額に満足なら売る事を検討してみましょう。

遠州木綿の特徴を徹底解説

遠州木綿とは、静岡県西部に位置する遠州地方の伝統生地で作られた着物です。

参考:静岡の着物買取

遠州地方は今でいう浜松あたりのことを言い、古くから綿花の産地として栄えていた地域でもあります。

江戸時代に綿花を栽培する農民たちが自給自足によって手機で綿織物で生産し、市場に出まわるようになりました。
そこから遠州木綿という名がつけられ、全国有数の産地で繊維事業が本格的に始まっていったのです。

静岡県浜松市三ヶ日町には織姫様が祀られている初生衣神社という寺院があります。
伊勢神宮に納めるための絹織物を天棚機姫命が織ったことにより、そこから綿織物が発達しました。

江戸時代後半から明治時代にかけて浜松の女性企業家で有名な「小山みい」が生産を事業化させ、遠州織物の量産や品質管理などに携わります。
その後浜松市はトヨタ創業者である豊田佐吉士の自動機織によって大きく発展し、日本有数の繊維産業という集積を残しました。
繊維業界だけでなく楽器やバイク、自動車産業につながっていったことは言うまでもありません。

このように遠州木綿は浜松地域が産業に特化することの原点となっています。
遠州木綿の素材感に魅了されたデザイナーや消費者は、この伝統生地を現代に蘇らせようと未来へつなげていくプロジェクトを遂行しています。

2007年には「グッドデザインしずおか大賞」「はままるビジネスコンテスト最優秀賞」を受賞し、浜松地域の一流ブランドとなり大きく確立されています。

【遠州木綿の特徴】

遠州木綿は8つの独立した製造工程が浜松の中に全て確立されていて、昔と変わらない生産工程で生地が作られています。

浜松は綿化の栽培に非常に適した気候でもあり、高温多湿で有名な地域です。
紬という種類の生地になりますがあえて節を多くし、平織りにすることで独特の風合いを出すことができます。

現在柄の数は100種類以上にも及び、懐かしい中にも新しいデザインを取り入れた斬新な表現が魅力的です。
高温多湿の中で改良されていくうちに、使う度肌に馴染んでいくといった特徴が見られます。

織物の事業化が進み量産化されていますが、現在の洋装化や合繊化の流れで生産量は縮小しています。
しかし、素材一つひとつの完成度がより高くなり、繊維業界ではトップクラスの品質を誇る織物として重宝されるようになりました。

現在は日本のみならず海外でも人気評価を得るほどの地位を確立しています。

遠州木綿を高値で売るコツ

色落ちやほつれなどに強い遠州木綿ですが、高値で売るのなら、カビが付着したりシワがつかないよう適切な状態で保管しておく事が大切です。
また、売る際に着物の産地や品質を表す証紙と一緒に提示すると評価が高くなります。

買い手選びも遠州木綿を高値で売るコツの1つです。
売る際には、着物に対する知識が豊富な着物買取店に見てもらいましょう。

参考:遠州木綿の着物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は訪問での買取りや宅配査定に対応しているので非常に重宝します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ