遠州綿紬の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

遠州綿紬の買取り相場はオークションではいくらなの?

遠州綿紬は現在静岡県の一部でしか作られなくなってしまった、とても希少な織物。
そんな遠州綿紬を売る事を考えているのなら、まずは買取り相場を知っておきましょう。

ネットオークションで売るケースを調べてみると、中古着物の最高値は7,700円、最安値はハンカチが100円からあり、こういった小物が平均相場を下げています。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎません。

遠州綿紬を高く売るのなら、その価値が十分に分かる着物買取店に相談するのがおすすめです。

参考:遠州綿紬の着物を買取りしてくれる店一覧

店は無料査定に応じてくれるので、買取り額に満足なら売る事を検討すると良いでしょう。

遠州綿紬の特徴を徹底解説

遠州綿紬の歴史は江戸時代から始まります。
日本全体で綿の栽培が盛んに行われるようになり、遠州でも例に漏れず綿の栽培が行われていました。
特にこの地域では質の高い綿が取れると話題になるほどです。

遠州は太平洋側の温暖な気候を持ち、自然豊かな環境が広がっていたため、他の地域に比べても質の高い綿が取れたのだと考えられます。
浜松藩主を務めていた井上河内守正春が、藩士に機織りを内職で行うことを推奨したことから、さらに遠州で綿を使った機織りが発展していきました。

織物が発展していく中で、独特の縞模様が生み出されていきます。
これを「遠州縞」と呼び、遠州綿紬の特徴として技術が受け継がれていくことになったのです。

遠州綿紬の模様は縞が一番有名ですが、実はその他にも様々な種類の模様が展開されています。

例えば、「なないろ」というものは、経糸に6色・緯糸に1色を使って織り上げた紬です。
糸を7色も使っているため、ベースの色は存在しているものの、1色とは異なり深い色合いを醸し出しています。

無地」は経糸にかなり深い色合いとなる黒茶色を使い、緯糸にカラーのネップ糸(糸上に繊維の塊がある糸)を入れることによって、遠目で見ると1色なのにところどころで明暗が異なって奥深い発色を見せています。

さらに「」は、細かい柄が特徴的なのですが、生地に凹凸が表現されていて触り心地の良い着物になります。
このように様々な模様もあるため、老若男女問わず遠州綿紬は愛されているのです。

また、遠州綿紬の素材は質の高い綿を使っているため肌触りも良く、着心地の良さも抜群です。
そのため、日常的に着用する着物にも活用することができますし、あまり気負いしないオシャレをしていく場所であれば遠州綿紬が向いているでしょう。

遠州綿紬を着る季節は、秋から春にかけて、夏以外であればどの時期にもおすすめの着物となっています。
現在静岡県内にある数少ない工房でしか作られていないため、どの工房で作られたものでも高く売る事が期待できそうです。

関連:静岡着物買取

遠州綿紬を高値で売るコツ

遠州綿紬は質の高い綿素材を使っているのですが、綿素材は保管の際に気を付けていないと虫に食われてしまう可能性が高いです。
傷や穴が空いてしまうと、いくら遠州綿紬でも場所によっては売る事が困難になります。

ただし、着物買取店の中には穴が空いていても遠州綿紬が売れる可能性もあります。
高値で売るのなら、着物への深い造詣を持った店に見てもらいましょう。

参考:遠州綿紬の着物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は訪問査定や宅配買取りに対応しているので非常に便利です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ