越後紬の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

織物の産地として知られる新潟県には様々な織物がありますが、今回は越後紬の着物についてご紹介します。

越後紬の着物を売ろうと考えている方の中には、相場がどれくらいなのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
越後紬の着物の中古価格をネットオークションで調べてみると、相場は19,000円程度ということがわかります。

あくまでも目安の値段ではありますが、ネットオークションで高く売ることは難しいかも知れません。

越後紬を高値で売るのなら、着物専門の買取り店をおすすめします。

着物買取り専門店では、着物への造詣が深い査定員が適性な価格で見積もりしてくれます。

参考:定番の着物買取り専門業者一覧

宅配や訪問での査定もしてくれるので着物を売る際に大変重宝します。

越後紬の着物の特徴

十日町小千谷など、様々な有名織物の産地である新潟は、多湿地域で湿度が高い地域です。
冬は雪に埋もれてしまうため農作業ができず、農家は機織りを行うことで収入を得ていました。

雪解けの水を使った染色や雪晒しによる漂白など、着物づくりに適した気候であることなどから、新潟県が着物の産地として発展していったと考えられます。

そんな中で越後紬というのは、昔の新潟県を中心とした地域の紬を指しており、各産地によって名称が異なりますが、どれも上質な紬として知られています。

中でも塩沢紬は、お米の産地としても有名な南魚沼市の塩沢地域で生まれた紬で、麻織物の技法を取り入れた絹織物となっており、上品で落ち着きのある質感に魅力を感じている人も少なくありません。

元々は麻織物の「越後上布」が奈良時代から織られており、その織り方が紬にも変化していったと言われています。
特に十日町市では、越後上布の織り方で作られた紬だけではなく、絣も有名で全ては越後上布から始まったと言っても過言ではないでしょう。

新潟にはこの他にも栃尾市で作られる栃尾紬という織物があります。
栃尾市も十日町市同様豪雪地帯として知られており、とても織物に良い条件で織られているのです。

越後紬の着物の特徴としては、やはり肌触りの良い着心地に長けた着物であるということが言えます。
そのため、紬の中でも高級品として扱われることが多いでしょう。

また、模様は十字絣や亀甲絣などの絣模様が多く利用されています。
塩沢紬の場合、単色で模様もシンプルなものが多いですが、十日町紬の場合は縞模様や格子、花柄など、様々なデザインが魅力的です。
色は比較的落ち着いた色合いなので、若い人から大人まで幅広い年代で着やすい着物と言えるでしょう。

越後紬は、糸を染めるところから1本1本を丁寧に紡ぎ、少しずつ織り上げていくので手間はかかってしまいますが、その分上質な紬が織られていきます。

なめらかな着心地に愛用される人も多いですが、中にはタンスの中に仕舞ったままとなっている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、せっかくの越後紬をそのままタンスの肥やしにしてしまうのはもったいありません。
越後紬がタンスの肥やしになって品質が落ちてしまう前に、ぜひ他の人に着てもらえるよう、売ってみてはいかがでしょうか?

越後紬の着物を高値で売るコツ

越後紬はその上品さから人気も高く、高値で売ることも十分に可能と言えます。
特に高いものはあまり人気が出ないとされているネットオークションの相場が19,000円程度と高めなので、ネットオークション以外ならさらに高値で売れる可能性が高いでしょう。

オススメは、着物専門買取業者での買取です。
着物専門買取業者では、着物を長年見続けてきたベテランの鑑定士による査定が行われます。
査定によってはかなりの高額も期待できるでしょう。

ですから、越後紬をなるべく高値で売りたい方は、着物専門買取業者を利用してみましょう。