注染ゆかたの買取り相場はオークションではいくらなの?

お家に眠っている注染ゆかたを売る事を検討しているのなら、まずは買取り相場のチェックからはじめましょう。
ネットオークションで注染ゆかたを売るケースだと、平均1,200円程度で買取りされています。
中古の最高値は三勝の注染ゆかたで11,500円で売る事ができています。
最安値は1円からありますから決して高値とは言い難いです。
もちろんこの値段は目安に過ぎません。

注染ゆかたを高く売るのなら着物への専門知識豊富な鑑定士に見てもらうのがおすすめです。
着物買取り専門店なら着物の価値が分かる査定員が無料で見てくれます。

参考:注染ゆかたを買取りしてくれる専門店一覧

着物は知識のある買い手に売るのが一番です。

注染ゆかたの特徴を徹底解説

注染ゆかたは注染という型染め技法が使われているゆかたで、表と裏の判断が難しいほど裏まで染められているのが特徴的です。
現代にぴったりな可愛らしい柄や色使い、年代を感じさせない古典柄と様々な柄のゆかたがあります。
注染はプリントではなく手染めなので、にじみやぼかし、ゆらぎなどを加えて繊細な柄を表現できます。

注染の原型となる技術は江戸時代にできており、そこから改良が進み明治時代に確立されました。
大阪を中心に日本全国に発展しており、現代でも日本のみ用いられている伝統技術です。
この染め方は細かい柄にも対応でき、また1度に複数枚の生地に染めることが可能であったため大量生産が容易になり、重宝されました。
ゆかた以外にも手ぬぐいの染めに用いられています。

そんな注染はどんな技術なのか、工程をご紹介しましょう。

・型を置いてのりを塗る

染めたい型に切り抜いた和紙を生地の上に置き、その上から特殊なのりを塗って染めたくない部分を防染します。
型を外したら生地を折り曲げて再度同じ工程を繰り返し、のりを固定させるためにおがくずなどを巻き、数時間から1日程置きます。

・土手引き

模様を他に色で染めるために土手引きを行います。
別の色に染めたい模様を囲うように再びのりを塗ります。
のりを盛り上げて置くことにより、色のはみ出しを抑えることが可能です。
細かい柄ほど土手を多くつくる必要があり、最も根気な作業が求められる工程でしょう。
染めたい模様がブロック分けされることで、一度に何色も使って模様を染めることが可能です。

・染料を注ぎ込む

土手引きした模様に染料を流しこみ、生地に浸透させていきます。
現代ではコンプレッサー(圧縮機)で下から吸引し、重ねられた生地までしっかり浸透させることも多いようです。
生地が浸透するので、裏目まではっきりした色に染め上げられるわけです。

「注染」という名前の由来は、何枚も生地を重ね染料を注ぎ込む技術からきており、注ぎ染めや本染と呼ばれることもあります。

・水洗いと乾燥

色染を施したら余分な染料や防染していたのりを落とすために、水洗いをします。
しっかり洗ったら脱水し、吊るして生地を乾燥させます。
乾いたらシワを取って反物の長さ切り、あとはゆかたに仕立てれば注染ゆかたの完成です。

丁寧に染められている注染ゆかたはステンドガラスのような透明感のある美しさから、ポップで古風な雰囲気の模様も再現でき、おしゃれなゆかたが多いです。

注染ゆかたの特徴を徹底解説

注染ゆかたの中でも有名なデザイナーや呉服店が仕立てたものであれば高価買取りが期待できるでしょう。

また注染ゆかたの価値が分かる買い手に売る事も非常に大切です。
価値が分からない人に見せても猫に小判になってしまいます。

着物買取り専門店なら注染ゆかたの価値を熟知した鑑定士が丁寧にその真価を見てくれます。

参考:注染ゆかたを買取りしてくれる専門店一覧

こういった専門店は宅配査定や訪問買取りにも対応している為人気を集めています。