千葉あやのの着物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

千葉あやのの買取り相場はオークションではいくらなの?

染織技術保持者として有名な千葉あやのの着物を売る場合、まずは買取り相場を知る事が大切です。
ネットオークションで千葉あやのの作品を売る際の値段を調べてみると、中古の最高値は379,000円で買取りされています。
最安値は100,000円で値段の幅がかなりあります。
千葉あやのの作品を出品数そのものが少ない為、これらの数字は目安に過ぎません。

千葉あやのの着物を高値で売るのならその価値が分かる着物買取店に見てもらうのが安心です。

参考:千葉あやのの着物を買取りしてくれる店一覧

こういった業者は無料査定をしてくれるので、提示額に満足なら売る事を考えるのがおすすめです。

千葉あやのの特徴を徹底解説

宮城県出身の千葉あやのは、1955年に重要無形文化財で人間国宝として認められた「正藍染」の伝承者です。
彼女の作品は全て手作業で仕立てられ、素朴で優しい風合いのある着物作家として親しまれてきました。

参考:正藍冷染買取り

幼い頃から機織りに関して優れた技術を持っているという定評があり、結婚を機に姑から藍染めの技術を教えてもらっていました。
そして昭和30年には貴重な染織技術の伝承者として無形文化財・正藍染の保持者に指定されたのです。

正藍染の着物はまず、藍と麻の種撒きから始まります。
藍・麻を育てて麻の糸を作り、それを染め上げたら織り作業に入るといった分業を一人で極めることができるのは彼女の才能と技術が織り成す技です。

藍染は通常、藍瓶を火で温めながら染めていくのですが、千葉あやのの作品は人工的な保温や加熱を一切使用せず自然発酵させることから「冷染」とも言われていたようです。

このように種を撒いた後もきちんと育つよう栽培や機織りまで一貫して製作工程を賄う必要がありました。
今でも藍染めの人間国宝は彼女一人だけで、このように自家で一通りの製作工程の体制を取っています。
彼女の愛娘「千葉よしの」と孫にあたる「千葉まつ江」は、この生産体制と幅広い技術力を受け継ぎ、正藍染の着物を作り続けているのです。

正藍染は自然な発酵で作られる着物で、染めを行う作業は1年のうち初夏というごくわずかな期間と言われています。

そのため着物を大量生産することは難しく、千葉あやのが手がけた着物はかなり希少性が高くなることは確かです。

千葉あやのを高値で売るコツ

千葉あやのは、藍染唯一の人間国宝に指定される貴重な着物作家です。
ですから、着物の産地や種類が記載されている証紙と一緒に査定してもらうことで高額で売る事が期待できます。

査定項目は着物や帯などの状態も影響するため、できるだけ綺麗な状態を保つ事も大切です。
シミや汚れ、ほつれなどがないか、湿気などに注意して保管しておくようにしましょう。

また買取りをする側を選ぶことも高値で売るコツの一つです。
その点では、着物への造詣の深い鑑定士のいる着物買取店に見てもらうのが安心でしょう。

参考:千葉あやのの着物を買取りしてくれる店一覧

こういったお店は訪問買取りや宅配査定に対応しているので忙しい方にもおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ