備後絣の着物の中古価格は、ネットオークションでは4,000円程度

日本三大絣の一つであり、広島県の特産品として知られる備後絣は、現在1年間で3000反しか作られていない幻とも呼べる絣織物です。
そんな備後絣の中古価格相場はどれくらいなのか気になる方もいらっしゃるかと思います。
ネットオークションで調べてみると、4,000円程度で出品されていました。

あくまでも目安の相場ではありますが、ネットオークションではあまり高値で売ることはできない可能性があります。

備後絣の着物の特徴

備後絣は嘉永6年(1853年)に生み出された絣で、広島県から全国的に知られるようになりました。

特に広島県福山市では紡績技術も進み、福山市には欠かせない主要産業にまで発展していったのです。
一番のピークで備後絣は全国の7割のシェアを持っていたほどの力を持っていて、伊予絣や久留米絣と同様に「日本三大絣」の一つとして挙げられるようになりました。

手紡ぎによって厚みも生まれた糸を使った生地で、他の絣と同様に丈夫さや保温性を持っています。

昭和30年頃は1年で330万反もの備後絣が生産されていましたが、その後洋服が一般的となってしまい、絣だけでなく他の着物も衰退の一途を辿ることになります。

特に絣は作業用としては使われていたものの、珍しい・価値のあるものというイメージが消費者に生まれなかったことで、どんどん衰退していってしまうのです。
元々備後絣を製造する会社は200社近くありましたが、現在では2社のみで少量生産が続いています。

しかし、備後絣は他の絣と同様、受け継がれていくべき伝統技術でもあるので、現在では再生事業を活用して事業存続を図っています。
また、絣というと綿素材が使われますが、一時期は綿以外に絹やウールを使っていたこともあります。
現在では、綿素材のみでの製造となりました。

備後絣は絣織物の中でも特に柄が複雑に表現されていて、人気を集めています。
文様は経絣と緯絣、そして経緯絣を使って文様を作っており、それぞれに特徴がみられます。

例えば経絣では矢絣に経縞が入った文様は、とてもオシャレでモダンな雰囲気を醸し出しています。
緯絣は経絣に比べてより複雑さが増し、ユニークな文様も作ることができるでしょう。
そして経緯絣は経糸と緯糸の染め残し部分を取り入れて文様を作り出します。

特に文様を生み出すことが難しいと言われていて、備後絣の中でもより貴重な柄です。

こうした複雑な文様は、女性にも好評で現在でも昭和レトロスタイルのリバイバルにより、備後絣に注目している人もいます。

そのため、作業用の着物だから高値で売れないということはなく、需要のあるものなので、もしも売りたいと考えている方は諦めずに高値で売るコツを実践してみましょう。

備後絣の着物を高値で売るコツ

備後絣の着物を高値で売るコツは、製造が難しい経緯絣の方が高値で売れる可能性がありますが、自分でそれを判断するのは難しいですし、ネットオークションでは貴重な経緯絣であったとしても安値で取引されてしまう恐れがあります。
まずはネットオークションではなく、着物専門買取業者に相談してみると良いでしょう。
着物買取専門業者では、出張買取を行なってくれるケースが多く、自宅で着物査定をしてくれるので安心です。
また、着物を査定してくれる担当スタッフは、ベテランの人が多く数々の着物を見てきた実績と経験、そして過去データによってどれくらいの金額で売れるのか判定してくれます。
もし、ネットオークションで売るのに不安がある人は、着物専門買取業者で買い取ってもらうようにしましょう。